不死の剣士は今日も潜る~ヴァルキリーと無限の塔~

作者 由野 儀習

65

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 主人公のシドウがヒロインのリスト・ブレイズをはじめとする色んな人たちの出会い、そして戦士として色んな試練を乗り越えながら彼が成長していくお話です。

 手に汗握る戦闘シーンもポイントですが、シドウを中心とする人間ドラマがとても魅力的な作品だと思います。彼が剣士としての使命感や責任感に目覚めると同時に、この作品の面白さも一気に加速します。
 異世界・ダークファンタジーとして発表されている小説ですが、人との出会いを描いたヒューマンドラマとしても楽しめる作品です。そして繊細かつ丁寧に世界観が表現されているため、年代問わず楽しめること間違いなしです。

 ファンタジー独特の世界観・ヒューマンドラマ特有の繊細な雰囲気が魅力が詰まった作品です! 

★★★ Excellent!!!

異世界転移ものであって、単なる転移ものではない。
読み進めていくうちに、これは新しい世界の神話を見ているのではないかと思ってしまいました。
主人公の心理描写とともに、背景描写も細やかで、戦闘シーンは思わず手に汗握る内容でした。
ヒロインとの同棲は、新しい世界を物語っているのか?
先がどのように語られていくのかわからない。
私達は、新しい世界の創世記に立ち会っているのかもしれません。

★★★ Excellent!!!

まずこの世界観を見てくれ!この作品の世界は月で、地球に生活してた子供が転移して生活をしており、そこでは超科学が発達している!(この辺はネタバレになるから詳細は避ける)え、これは異世界ファンタジーなのか!? SFや現代ファンタジーじゃ!? って思うよな? 大丈夫、俺もだ! そう思った! しかし読み進めていくと剣技は出てくるし、魔法のようなものも出てくる! ということはやっぱり異世界ファンタジーでもある! つまり、この作品は色んなものを混ぜ合わせた、ミックスジュース的な作品だと言えるんだ!

失礼しました。
上にも書いた通り、この作品は様々なものの特性を持った、全部乗せラーメンのような作品であります。またもう1つ、この作品で特筆したいのは見せ方や地の文です。一人称視点の文章であるから、時折主人公の感想やらが挟まるのですが、これが中々うまいです。特に3-5。僅か一言で色んな感情を詰め合わせた、とあるセリフは思わず壺に入りました。第4話から本格的にヒロインも活躍するようなので、これからが楽しみです。

★★★ Excellent!!!

世界観がいいですね。

キャラクターも上手に書き分けて魅力的だと思います。

ちょろっと小出しにしているので、読みながら、分かって来ます。

月の話が出て来ます。

私は、月のお話しと爆弾にどきどきしました。

今から読めば、追い付けると思います。

ぜひご一読ください。