月狂いのアポカリプス ―cry for the moon―

作者 ハコ

溢れるSFマインド

  • ★★★ Excellent!!!

非常に骨太な印象の、SF小説。
「消失」の瞬間の、何か違和感を感じながらその正体に分からないという描写が見事で、そこから実際に世界が限界点を超えて転がり落ち始めるまでのタイムラグの置き方など、物語としての語り方も素晴らしい。
舞台を移しつつ描かれる各エピソードも、バックボーンとなる情報がしっかりとしていていずれも魅力的でした。
個人的には初期の国産本格SF小説を思い出しますが、ここからどう展開していくのかと期待せずにはいられない感じです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

天野橋立さんの他のおすすめレビュー 364