煙草

作者 新樫 樹

特別で大切なもの

  • ★★★ Excellent!!!

泣き虫の女の子に、涙を忘れさせてくれたのは
いつものバス停で出会った、背高のっぽのおじさんでした。

煙草の煙でつくってくれる 輪っか と
スーツの ふっくり厚い硬い生地の感触。

おじさんの、あたたかな笑顔は
幼いユミの心を、そっと守ってくれました。

みずみずしく細やかな描写に、子どもの頃の感覚が痛いほどによみがえります。

さりげない優しさと時の流れが、切なく胸にしみる物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

来冬 邦子さんの他のおすすめレビュー 159