虹翡翠(にじひすい)

作者 琥珀 燦(こはく あき)

25

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

剥製用の鳥を撃つ少年イズムの物語。

鳥撃ちの技術を教えた父。剥製用の鳥撃ちを反対する母。剥製を作る職人。剥製を愛おしむ顧客。
そして、イズムの前に現れる、虹色の輝きを放つ鳥〈虹翡翠〉。
誰が正しいか、間違っているかではなく、それぞれに想いのこもった考えがあり、
それらを受け止め、悩み、考え、そして選んでいくイズムの姿に、深く感銘を受けます。

命とは何か。働くとは何か。そして、私たちは何を選んでいくのか。
強く心に残り、深く考えさせられる作品です。

★★★ Excellent!!!

言葉のするのが難しいのですが、とても心に染みる、好きなお話でした。
それぞれに諭され、語られた内容も、それぞれの思いも、どれも間違いではなく、それぞれにとっては、信念のような真実なのだと思います。
彼は、そのどれもに耳を傾け、考えて、悩んで、答えをひとつ見つけたのではないかな、と。
明示はされていないけど、彼がとった道と、伝えなかった技術が、そうなのではないかな、と思います。