浜梨と天秤

作者 九十九緑

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

切ない。
いいですね、魔法や転生でない、こーゆ―ファンタジーも。
設定も、こーきてこーきてこーきたか! っていう驚きがぎっしり。
そして、それを支える言葉選びの良さ。

ツイッターを通じてお知り合いにならせていただきましたが、読めて良かったです。
九十九緑さん、まだお若いようですが、小説を書くことを続けて欲しい、そう思った作家さんの一人です。応援しています。

★★★ Excellent!!!

この旅は「お化け企画②」に参加してくださり、本当にありがとうございました。

美しい。
その一言でした。

言葉のセンスはもちろんのこと、流れるような文章は、読んでいて心地が良かったです。

書けるのならば、こんな人を、世界を書きたい。
切ない物語の中の、僕と君の、君と私の世界。

素敵な物語をありがとうございます。


にぎた

★★★ Excellent!!!

作品の中に入った途端、選び抜かれた言葉の一つ一つが自分を包み込んでしまいそうな透明感と浮遊感を覚えます。

文字を追っている時間がすごく幸せで、読み終わってしまうのが惜しいくらい。

この作者は言葉の重みを痛いほどよく知っている人だと思う。
そして、その中に数え切れないほどの物語の芽を抱えている。

タイトルも、じっくり考えるとすごく深い。

ふとした瞬間に鮮烈な色彩や風景が脳裏に浮かんできて、思わず息をのむことも…。

物語が紡ぎ出される瞬間、言葉に命が吹き込まれる。

決してどこかで触れたような、ステレオタイプの世界ではなく、作者の個性や独自の感性がしっかりと作品に「そのひとらしさ」を纏わせている。

とんでもない才能を秘めた大物かもしれない。



★★★ Excellent!!!

ちょうど補完し合うかのように出逢った二人。
この世界、何故かとてもすきだなぁと、魅せられてしまった。

なんだろう、この小説の色は。
悲しかったり、ちょっぴり笑いたくなったり
プリズムのように、言葉と共に光がくるくる変わる。

憑かれることがこんなに美しいなど初めて思った。
そして、突然の暗転。果たしてどうなる。
怖いものは苦手だが、もう目が離せない。

何より、なぜこのタイトルなのか、すごく知りたいよ。