あやかししらべ【星祭編】

作者 草詩

29

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

オカルトという題材をキチンと扱いつつキレイにポップにまとまった作品という印象です。
独断と偏見ですが Base Ball Bear の楽曲を聴いたときと似た感触を覚えました。ポップで軽快だけど、いい意味で耳に障る尖りがあります。

調査や準備といったある種地味で説明的になりがちな展開で物語は進行するのですがスラスラと話は進みます。あくまで軽快かつポップです。

物語も奇麗にピースが揃うようにまとまっていき、大変感心しました。
完結済みなのが少し残念に思ってしまう良い終わりでした。

★★★ Excellent!!!

月波町異聞蒐集部というオカルト研究会の物語です。
と言っても趣味の集まりではなく、全員能力を持っています。
人物簡易一覧がありますが、必要が無いくらい登場人物が個性的で覚えやすいです。
設定の説明も最低限で回りくどくないので物語に集中出来ます。
三嶋という変わり者がいい味出しています。
もしこの作品が気に入ったなら、【あやかししらべ】架空活動日誌【交流ノート】
も読んでみてはいかがでしょうか。

★★ Very Good!!

あやかしを祓う学生たちの青春混じりの怪異譚だと感じました。

よくキャラがたっており、この文量だと勿体無いと感じてしまうほど、まだ続いて欲しいなあと思う読み応えでした。

きちんとした知識を持っていらっしゃるので、安心して読めます。

あやしくかしましく、おとこらしく青春を送りましょう。

★★★ Excellent!!!

この度は「お化け企画②」に参加して頂き、ありがとうございました。

ミステリーとホラーを兼ね備え、それでいて最後は切ない。
そんな物語を読むことが出来て嬉しかったです。

ミステリーを描く際に必要な色々な知識に圧倒され、勉強になりました。
お化けにもたくさん種類があるのですね。

ネタバレになるかも知れませんが、まさか初恋の相手が同じとは。
「血は争えない」
この物語の中での一つの要素のように感じました。

他のシリーズもぜひ読ませて頂きますね。


にぎた

★★★ Excellent!!!

高校生たちがとある事件を解決していくライトなあやかし譚です。
夏祭りの数日間に巻き起こる不穏な出来事、それは時間の壁を越えた恋愛劇で――。

蒐集部の面々はひとりひとりが特殊な事情を抱えた、なかなかに個性的なメンバーばかりなのですが、そういった複数の人物が登場する楽しげな日常描写にまず引き込まれます。
妖怪関連の部分も適度にマニアックでくどくなく、読みやすいです。

物語はコンパクトなものの、想定されている設定はここで描かれている以上のものがあるようで、是非ともまた彼らが活躍する別の物語が読みたくなってきます。

おススメです!