俺、死のうと思う。

作者 如月 仁成

51

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

古来より五七五の俳句やプラス七七の和歌を嗜んだり、現代でも海外発の短文投稿サービスであるTwitterを盛んに利用したりなど、文字数制限の中でいかに表現の幅を拡げるかというのは、最早日本人の国民性なのかもしれません。
がしかーし! 1000文字縛りの小説を更に細分化して、100文字小説を10話連載なんて……最早狂気の沙汰です!w 団鬼六を彷彿させる縛りの美学なのであります。

しかも、それを破綻なくラブコメにまとめ上げる力量は並大抵でなく……最早ラブコメマイスターの域です!

★★★ Excellent!!!

 1話100文字。それが10話で1000文字。

 ぎりぎりまで切り詰められた各話の内容は、すでに小説というよりは、記号の応酬。その中で展開されるラブだのギャグだのは、あたかも100文字を超えたら爆発する爆弾を解体する作業のようにギリギリ。

 凄いを通り越して、呆れるかえる。

 作者の如月仁成さんには、和田竜作「村上海賊の娘」の中で紹介された泉州侍最高の賛辞を送ります。

「こいつ、アホやで!」

★★★ Excellent!!!

この人がいなければ誰も辿り着けないであろう新境地を見せてもらいました。

特定の読者の心を動かすトラップを五重くらい仕掛けてあったなぁ。遊び心しか感じない素晴らしい作品でした!(褒めてるのかそれ?)

死神ちゃんが可愛すぎる。
ミニスカがふわりとしてるのか、タイトなスカートなのかすごく気になる。

★★★ Excellent!!!

100文字×10話といったストーリー構成。
その構成から、無駄なものを一切省き、軽いノリでサクサクと物語が進んでいきます。

しかし、内容はしっかりと笑いあり、ホラーあり、シリアスあり、そしてラブコメありと、ぎっしり詰め込まれていて、とても楽しめました!


短い言葉で伝える難しさに挑戦した作品だと思います。

それにしても、1話100文字にする調整大変だっただろうなあ。。

★★★ Excellent!!!

小気味良いテンポで繰り出される会話の応酬。
随所に散りばめられたウイットに富んだギャグ。
優しい男の子と、ちょっと天然な可愛いヒロイン。
ほっこりとして甘酸っぱい温かなストーリー。

作者様の多くの作品で楽しむことのできる魅力が、100字×10話の構成の中に見事に詰め込まれている本作は本当にすごい!

地の文を省き、作者様得意の会話劇を研ぎ澄ませ、行間を最大限に利用して読み手の心を揺さぶる展開。
1000文字小説をここまで自分ワールドに昇華させた技量に脱帽です。

可愛い死神ちゃんと、死にたい男の子。
お互いを思い合う二人の行く末と、一話100文字の濃厚な世界を皆さんもどうぞお楽しみあれ(^^)