ロマンチックバタフライ

@minato_hotaru

第1話

自転車を漕いでも辿り着けない

空とは一体どこにあるのか?


地図には載らずに衛星に映る

太陽も月も星も飾り物

雲のバスでいつも動いている


ダイソンの掃除機で吸い込んだら

小さな星をひとつだけ貰った

半分に分けて君と歩こう


掌のプラネタリウムに光る

二つの星は羽根のような形

寄り添った時は蝶になるから

空高くかざしてお礼を言おう


僕等はきっとポケットの中に

互いの分身を忍ばせながら

呼び合う名前はいつだって同じ

星の輝きに包まれてゆく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ロマンチックバタフライ @minato_hotaru

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!