嘘憑きな十円玉

作者 RAY

★★★ Excellent!!!

淡々と語られる言葉の先に、越えてはいけない一線があった――。

一行ごとに、その場の空気が色濃くなってきて、ああ、これヤバいやつですー!と思いました。

読み進める中、頭の片隅に鳴り始めた警鐘はボリュームを上げていき、背中のぞわぞわが急加速、そしてラストは――。



私は、例え誰に、どんなに誘われても、決してこれだけはやるまいと心に誓います。誓いますー!

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!