ハイライトは蒼く燃やして

作者 機乃 遙

56

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

たまたまかもしれないが、こういう作品をカクヨムで見かけることが少ない気がしたので、今回出会えたことは嬉しかった。
青臭いセンチメンタリズムの凝縮だが、私のような経歴の人間には刺さるしかなかった。

ところで、センチメントにも時代性がある。たとえばサルトルのそれと村上春樹のそれと椎名林檎のそれは、それぞれ異なっている。
そのセンチメントはしばしば失われたものへの郷愁や不能感と結びついており、その上で段階的な差異があり、その中では最近の鬱屈を表現しているように思われた。
内容はいまだ習作に留まっていると思うが、サルトル、三島由紀夫、村上春樹、椎名林檎というある種の退廃の経路を辿りながら、「三月の5日間」を書いた岡田利規の影に伴走している感じもあり、何かが終わったように見えて、これから始まるのだという予感を抱かせる内容だった。

クールではなくハイライトの湿気た匂いが漂う新宿のどん詰まった感じに浸り続けることができず、時の経過にやられていく様子の残酷な青臭さにはたまらないものがある。アイコスも、雨の日は不味いのだろうか。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=村上裕一)

★★★ Excellent!!!

頭が良ければ、村上春樹とか太宰あたりの類似性を指摘しつついい感じの論評を投下したりするのですが、やめときます。
おもしろかった。
憧れていた先輩の『緩やかな死』。
現実世界へ漕ぎ出すという『死』。
2010年代の小説は、どちらかといえば希望の物語が多いように感じます。それは、この世の中に絶望が満ち満ちていて、そこから逃れたいからではないかと思います。
現実という一番の絶望から、目を背けずに書いたか、逃げたくて書いたかはまあ置いといて、もはや死の中に埋もれた美を共有する二人は非常に尊いと思いました。
SFから冒険小説、青春ものに異世界転生まで書いて、ようやくこの世界にたどり着いた筆者だからこそ書ける「深い絶望と失望の世界」。
案外、世の中に求められているのは、そういうものなのかもしれません。

★★★ Excellent!!!

かつて太宰治の作品にみたデカダンスを見ることができて感動しています。
ペシミスティックで、インモラル。読んだ後に胸にぽっかり穴が開いたような気がするのに、なぜか心地よい虚無感。それに灰色の世界に色を差す、生きた本を探す少女の存在が、物語の続きを読みたいと惹きつけてきます。