ラヴァ・ラ

作者 ソウイチ

19

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

紋章術。
これを使いこなせなければ、主人公ジェイドは己の使命を果たすどころか、自分自身が消えてしまう――。

どこまでいけば底があるのだろう。
ジェイドに力を与えてくれる神々は、同時に過酷な試練も与えていた。
空に浮かぶ大陸を舞台に、世界はまた、存亡の危機を迎えていた。
ジェイドの求めるものはただ一つ。
大きな代償を払ったのか、それとも、新たな存在となったのか。


一番最後まで読んだら、再び最初から読み直したくなるラスト。
暗い洞窟の中で眠る、鉱石たちが見た夢のよう。
今はその余韻に浸りたいと思います。

★★★ Excellent!!!

重厚な世界感、異国の文化、そして青年ジェンドの心情を事細やかに書き上げた本作にただただ圧倒されました。生きている限り、状況は常に変動していく。平穏であることの大切さや、素晴らしさを身に染みて感じることが出来ました。出会えてよかったと思える作品です。

★★★ Excellent!!!

重厚なハイファンタジー、と言ってしまえば説明はそれだけなのですが、この小説の強みは作者さまの高い文章力だと思います。
感情が徐々に芽生えていく主人公の変化を段階を踏んで描いたかと思えば、躍動感と緊張感のある戦闘描写が見られたり。情景が目に浮かぶ、というには生ぬるい、もっと心臓に訴えるような強い力、度肝を抜く文章の「圧」とでも言いましょうか。それに魅せられるお話です。

★★★ Excellent!!!

本作品の魅力は、衣食住の細部まで緻密に設定されたリアルな世界観だと思います。未知の異文化を主人公とともに体験し、冒険する面白さを味わうことができます。

風景・戦闘描写は一貫して重厚で、その格調高い文章に魅了されました。腰を据えてじっくりと味わいたい作品です。

これからの展開が楽しみです。応援しています。