続・ピン芸人ですが、パチンコ店員やっています。

作者 原田おさむ

ついつい先を読んで、じんと来る。

  • ★★★ Excellent!!!

パチンコ屋は過酷な職業だと、見ていて思う。
きらびやかな店内でも、ふと見ると疲れた顔の店員さんがいる。
いつの間にか、働いている店員さんが変わっている。

それでも、長い間変わらずに働いている店員さんがひとり、ふたりいたりするものだ。

1話1話がほどよい長さで区切られ、ついつい先を先をと読んでしまう。

過酷な仕事の中であらわれてくるトラブルや悔しさが、とてもよく伝わってくる。
あたたかな職場とは言いづらいし、楽しい職場とも言えない。
そうしたエピソードの数々は、ただツライだけのものではなくて、
きちんと最後には、人情味のある優しさや『救い』のようなものでじんわりとまとめてくる。

社会はつらく、厳しい。
だからこそ、たくさんの経験をして働く人は優しくなっていけるのだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

AranKさんの他のおすすめレビュー 66