裂鎖解放の戦機ラルキュタス

作者 琴猫

24

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いやいや、圧巻である。

作者の作り込まれた世界観は、最早宇宙とも呼べる空間として私達を取り囲む。
時空を超えて現れたこの物語は私を呑み込んだ。いや、私が時を経てようやく辿り着いたと言えるだろう。

細かに描写され現実として目前に広がる戦闘シーンは、作者の脳内に存在する宇宙の中に私達が漂っている事を認識させる。
その精緻にして壮大なる執筆技術たるや。

本作で取り上げられるテーマは単一、単純では無い。様々なトピックを作者の知識と技術によってこの宇宙へ映し出す。
そこに語られるは「鎖」からの解放。
『造られた少年は、運命の鎖を打ち破る』
この一文が、読者を導くのだ。

が、それが全てでは無い。
作者が発する物語の波が、私達に息を継がせる事を赦さない。

総員、衝戟に備えよ。

圧倒の煌めきを放つラルキュタスを追え。

★★★ Excellent!!!

遅ればせながら、拝読させていただきます!
レビューは、先の方々が端的で素晴らしいコメントを寄せられていらしゃるので、そちらに譲りたいと思います。
導入部を拝読しましたが、緻密に描かれた世界観が、実に素晴らしい!この先も楽しみです……

P.S.
新たなる創作も期待しております!

★★★ Excellent!!!

 未来の世界、宇宙へと進出した人類社会が抱えた闇…それは今、戦火で全てを飲み込もうとしていた!壮大なスペースオペラの開幕、少年と少女はあまりになにもかもが違いすぎた…そして始まる物語。注目して欲しいのは、精緻に築かれた世界観と設定、そしてそれを活かす中で描かれる「逃げのない表現」です。宇宙開発のために人為的に作られた奴隷階級の作業員や、その存在を虐げる者達…抑圧された中で何かが弾けて爆ぜる様は、どこか現代の日本が忘れてしまったバイタリティにあふれています。オススメですね!