異世界ぼっちにフレンド機能は必要ない

作者 沙漠未来

これは、ぼっちであることを望まれて、ぼっちであることを選んだ物語

  • ★★★ Excellent!!!

ファンタジーものにはいろんな主人公がいます。
正義感、守銭奴、悪人、泣き虫、ダメ人間……そりゃぁ、たくさんのジャンルがあるわけです。
しかし、わたしがイチ押しするのは「目が死んでいる系」。
死んだ魚の眼とか、光が見えないとか、虫系だとか言われるタイプの主人公です!
だいたい過去にヤバイ級の出来事に遭遇している「目が死んでいる系」主人公。
この物語の主人公も、その例にもれません。
え?
ボッチなのがその理由じゃないかって?
HAHAHA! その程度のことでニンゲン目は死にませんよ!
じゃあ、どうして死んだのかって?
それは本編をご覧になってください。
きっと、あなたも「目が死んでいる系」主人公が好きになるはずですよ!


完結したので追伸

彼の眼が、なぜ死んだのか。
そして、その死んだ目に感情がともるとき、何が起きるか。
ぜひ、あなたの目で見届けてください。

それはきっと、ボッチのための、物語だから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雪車町地蔵(そりまち じぞう)さんの他のおすすめレビュー 199