異世界ぼっちにフレンド機能は必要ない

作者 沙漠未来

938

364人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

非常に面白かった!
読み始めたのは3日前ですが、それでも最後まで一気に読んでしまうくらい面白かった!


ーここからネタバレありー
ツムギもオウカも一途で、様々なキャラが好いたり嫌ったり…
そして、最後の1話!
人としての感情を取り戻し、尚且つあそこで一途でなくなる=人間らしさを表していてとてもよかった!

……けど!けどけど!
一途でいて欲しかったぁぁぁ!!!
その1個前の話で最終話って書いてあったから、「あ、もう読み終わっちゃうのか…」って思って!まだ先があって!
おぉ?!まさか!!って思った!
そしたらなんと浮気END……
そこは勇者オウカと再会してのハッピーエンドがよかった…
感情があれば人間はこんなもんだよっていうのを表しているっていうのはわかるけど…でも!

何が悔しいって、それが納得できたこと!
うぅ、きっと一途だったオウカちゃんが可哀そうやぞツムギ…

★★★ Excellent!!!

 これは仲間と絆を結べずに一人で戦うことになった少年が、奴隷の少女を買うところから始まる。
 少年と奴隷の少女は、多くの人々と出会い、笑い、戦い、苦しみ、別れ、多くの思惑に翻弄されていく。
 世界すらも例外ではなく、運命は容赦なく少年と奴隷の少女に襲いかかってくる。
 その中で少年は奴隷の少女に、奴隷の少女は少年に想いを寄せていくことになる。
 その最後は希望なのか、それとも……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 完結済み作品、読むなら今!

 内容はシリアスで、主人公たちは苦悩の連続であり、何度も挫けそうになりながらも頑張って進む姿は必見ものです。
 そしてその主人公たちの最後は“成るべくして成った結果”であり、それは決して間違いではないものでした。
 悲しい、そして一つの愛を見せてくれる物語です。

 「異世界もの」だと侮るべからず!
 見ていないのなら全てを見てください!

 そしてあなたの“愛”を一度考えてみてください。

 さて、あなた(読者)の“愛”はどんな形でしょう?

★★★ Excellent!!!

クラス召喚ものです。クラスごと異世界にある王国に召喚されて、ステータスを調べてみたら主人公だけ何やらおかしいステータスを持っていました。
という感じにスタートする異世界ファンタジー。

冒頭の主人公はとにかく不憫で、周囲から色々なことをされます。その孤独や試練を乗り越えて強い能力を入手していく成り上がっていく様子が描かれていました。他のWEB異世界召喚小説と比べても、結構苦労している主人公だと思います。

この作品の特徴としては、裏切りやキャラの死亡が多いことですね。このレビューをした時点でまだ敵はたくさん残っているらしいので、これからもたくさんのキャラが消えていくかもしれません。(ぼっちに戻ることを心の奥から期待している)

成り上がりが好きな読者にオススメします。

★★★ Excellent!!!

ぼっちだからと言って何が悪い! キズナリストなんて知ったこっちゃねぇ! 此方は此方で我が道を突き進んでやるぜ! とそんな感じでボッチが異世界を謳歌する物語でございます。
キズナリストが無くっても彼の周りには様々な人間が居り、その人達の支えもあって成長していく姿は異世界王道に通じるものを感じます。
またハーレムとしても着々と構成されつつある……筈なのですが現時点で色気よりも血の気が多いのは気のせいじゃない筈(笑)
ぼっちの活躍する異世界ファンタジーストーリーを見たいと言う人は、是非読んでみて下さいませw

★★★ Excellent!!!

この作品の良い所は、もうみんな知っていると思うので あえて気になった事を挙げみます。強いて言うならば

・ぼっちと言いつつぼっちらしい描写 があまり無く 序盤以降 影が薄いこと
(ただし 言い訳するならこの手の作品にはありがちな事)
・主人公から人間味を感じづらいこと

(これらの違和感は恐らく主人公が序盤からの修羅場を乗り越えて成長しているからだと思います)
元々そういう主人公の気質なのかもしれませんが赤面したり後悔したり 感情の起伏があまり無い、と思うので…もう少しあってもいいかな?という感じです。(少なくとも抱きつかれて赤面もしないのはどうかと思いまry

あまり気を張って読むものでもないのですが。読み始めてから今まで続きが気になって毎日読んでいる作品なのでこれからも頑張って欲しいです。

★★★ Excellent!!!

ファンタジーものにはいろんな主人公がいます。
正義感、守銭奴、悪人、泣き虫、ダメ人間……そりゃぁ、たくさんのジャンルがあるわけです。
しかし、わたしがイチ押しするのは「目が死んでいる系」。
死んだ魚の眼とか、光が見えないとか、虫系だとか言われるタイプの主人公です!
だいたい過去にヤバイ級の出来事に遭遇している「目が死んでいる系」主人公。
この物語の主人公も、その例にもれません。
え?
ボッチなのがその理由じゃないかって?
HAHAHA! その程度のことでニンゲン目は死にませんよ!
じゃあ、どうして死んだのかって?
それは本編をご覧になってください。
きっと、あなたも「目が死んでいる系」主人公が好きになるはずですよ!


完結したので追伸

彼の眼が、なぜ死んだのか。
そして、その死んだ目に感情がともるとき、何が起きるか。
ぜひ、あなたの目で見届けてください。

それはきっと、ボッチのための、物語だから。