諜報員(見習い)明智湖太郎の窮地

作者 十五 静香

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

十五様が書かれる『諜報員・明智湖太郎』シリーズの中でも、目下一番古いエピソードが綴られたこちら。
まだまだ新米の諜報員たち、どこかお茶目で、頼りなくて、お互いの信頼関係もちぐはぐなような……

だが、それがいい。

青さに震え、悩み、戦う明智さんに乾杯。
ラストがまた、シリーズファン泣かせなんだ。

★★★ Excellent!!!

――

諜報員明智湖太郎が諜報員となる前、「綾小路冬彦」と言う名で、若さの勢いで書いたたったひとつの同人小説が、なんと、あろう事か湖太郎の属する諜報員メンバーの手に!
消し去りたい過去の出来事、恥ずかしくてとても見せられない駄作(と本人は思っている)

この小説を書いた作者は誰なのか?
メンバーは諜報活動の練習になるからと、限られた情報から作者を特定するという遊びを始めた。
こうして犯人捜しならぬ作家捜しは始まり、どんどんと追い込まれていく湖太郎だった。

明智湖太郎はみんなの前で恥をかくことになってしまうのか……!?


諜報員明智湖太郎シリーズのサブストーリー。
おちゃめな湖太郎の姿を見ることが出来たり、本編とリンクする部分があったりで、シリーズファンとしてはとても楽しかったです。
個人的には佐々木さんの活躍が良かったです♪

もちろん、こちらの作品単体でも十分楽しめる内容です!



さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました