少年陰陽師 異邦の影を探しだせ/結城光流

作者 角川ビーンズ文庫

164

57人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

言葉で表すのが難しいくらい、大好きな作品です。図書館で出会い、読みふけり、いつの間にやら最新刊の追っかけを続けるようになりました。
ページをめくるとともに、私ももっくんや昌浩と、平安の闇を駆けてきました。
これから先も、ずっとずっと好きでいると完璧に保障された作品です。
本当に大好きです。こんな素敵な作品を書いてくださり、この世に出版してくださり、本当に感謝しています。ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

初版を購入してからのファンです。
もう何年のお付き合いになるのでしょうか…
何度でも読み返して読める作品です。
ぜひぜひ、読み続けて最新刊まで読んでいただきたいです。

元々陰陽師に興味があり、読み始めましたが、日本にいる神々が登場し、神さまのおもしろさも知り、平安時代の様子も知ることができ、色々なことに興味を持つようになりました。
現在の目標は貴船に行くことです。

★★★ Excellent!!!

単行本は最新刊まで所持していますが、また一から読みたくなるのがこの「少年陰陽師」。この作品を読むことで、言葉の意味、音の響き、名前の大切さを知ることができます。今の自分の考えは、子供の頃から読んでいた少年陰陽師からきています。
「異邦の影を探し出せ」は、最新刊から見るととても感慨深いです。
幼い頃の昌浩ともっくんが話しているだけで、彰子が昌浩と御簾越しでないまま話す場面を見るだけで、十二神将が晴明しか認めていない頃を見るだけで、目頭が熱くなりぐっと胸が痛むほど。とても長く続いているシリーズですし、振り返ったときの感動も一入ですから、今回をきっかけに少年陰陽師を読み始めた方には、是非とも最新刊まで読んで頂きたいです。
個人的な感想ではありますが、ついにお待ちしておりました、という感じです。自分の人生の中で一番大好きな作品が今回カクヨムに登場ということで非常に嬉しく思います。少年陰陽師好きな方がさらに増えますように……!

★★★ Excellent!!!

もう10年も前に出会ってから毎日新刊を待ち続けてます。登場人物の掛け合いが楽しくて、訪れる別れが悲しくて、登場人物1人1人に特別な思い入れができます。
こんなに登場人物が多いのにこんなに一番好きな人が決められない。
胸が熱くなる戦いと1日中本気で号泣する別れと出会いに触れられます。
きっと、読んだら戻れなくなります。
この本をきっかけに小説をよむようになりました。
でも私の一番好きな本はもう10年も変わっていません。
この本だけが私の宝物です。

★★★ Excellent!!!

ビーンズ文庫のぶんも新刊が出るたびに買っているのですが、カクヨム版もいいですね。人に勧めやすくなりました(*´∇`*)本を片手に語り出すと、押し売りかと思われるがごとく力説し、とどめを知らなくなってしまうと自覚しているので………………。
少年陰陽師大好きなので、書籍版を傍らに置いて読ませていただいてます。もっくん、紅蓮大好きです!
オススメです♪───O(≧∇≦)O────♪

★★★ Excellent!!!

カクヨムで少年陰陽師が読めるだなんて…!! 長々とファンをさせて貰っていますありがとうございます(土下座)
書籍版とは一味違った読みやすさがあってとても良かったです!

結城先生応援しています!!!

★★★ Excellent!!!

何度読んでも面白い!!書籍を持ってますがやはりちょっとした時間にアプリで読めるのは凄くいい!!
昌浩カッコイイ!!もっくん可愛い!!大好きな作品です!!オススメ♡

★★★ Excellent!!!

カクヨムで「少年陰陽師」を読める日がくるなんて……。
書籍の縦書きと印象がまた少し違ってていて、新鮮です。

半人前の“少年”陰陽師・昌浩と、物の怪“もっくん”との掛け合いは、とても好きです。安倍晴明の狸親父(ならぬ、狸ジジイ)っぷりも、なかなか楽しいです。

「あの安倍晴明の孫」昌浩が、相棒で守り役の“もっくん”や十二神将の力を借りて、成長していく物語。