花はひとりでいきてゆく

作者 市來 茉莉

134

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

僕は無口無表情な少年でした。この作品に登場するキャラクター達は、生き生きとしていて、羨ましいです。
僕は兄にコンプレックスを感じていました。兄を羨ましいと思い続けていました。しかし、数少ない理解者でもあります。いいお兄ちゃんですよ。主人公と姉の姉妹愛は、同感出来るものがありました。
ガラス職人の義妹と婿養子の義兄の関係が、何時もながらの作者独特な繊細なタッチで描かれている。続編が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

 西の京は山口。カリヨンの鐘が鳴りひびく丘のふもと。
 そこでガラス職人を生業とするカナには薄く纏ったような家族の気配がある。
 時にシビアな工房主であり、時に夫婦のように同じ時にまどろむ伴侶であり、そして不可解な事故に儚くなった姉の夫でもある義兄さん。
 ゆるゆるとしてけだるい通い婚のような関係を平行して流れていた二人。
 けれどカナには、彼に手を伸ばせない『秘密』があった。


 まず感じるのは筆者さまの表現力です。
 きちんと生活している者がつくる心地のいい空間。
 ガラスを吹く、熱くむせ返るような厚みのある空気。
 色気をはらんだ意地悪な笑みや、荒々しくも甘く疼く淫靡な熱。
 吹き抜ける風やさらりと乾いた質感、光を通すガラス、望みと秘密の間で揺れる苦悩に、温かい人たちの想いと温情。
 そういった情景や心理描写をしっとりとした品格を保ちながらゆるかやに流れる言葉の調べが彩り、そこにある彼らの気配や息づかいを感じさせてくれます。

 触れられそうで触れられない距離があるからこそ想いが募り。募るからこそ抑えることが苦しくなる。
 常に一定の距離を保って募る想いの、熱に浮かされるようなもどかしさは、繋がっていない糸電話を大事に抱えて声を震わせるラブコールのよう。
 落ち着いていて安定感のある、けれど静かな熱を感じさせてくれる濃密な読書体験を、ぜひ。

★★★ Excellent!!!

この作者の方は、女性を魅力的に描く女流作家さんだ。
主人公の花南(カナ)は、一見して男を虜にする魔力を持っている。
簡単に恋には堕ちない。けれど、瞳の力が情熱的。
冒頭から、その生き生きとした色香に包み込まれる。

それは仕事振りにも発揮されて、ガラス職人としての描写も素晴らしい。
自由奔放に見える彼女が、いつも何かに縛られているように見えたのは
自分とは逆な、姉のせい。ある理由で旦那と息子を残して死んだ。
その理由を読んだ時、かなり戸惑ったけれど、それ以上に
彼女と姉の旦那である義兄との関係が気になって、読み進めて良かった。
最後までブレナイ、丁寧で隙のない作りの本格的な作品だ。

★★★ Excellent!!!

人間の危うく妖しい生々しさや禍々しさを描きつつ、芸術的な情熱的で繊細な美しい感性や、爽やかで綺麗な情景を重ねて、何よりも脆くもそれでも強さを持つとができる、人への愛しさを感じる話で本当に好きな作品です。
あたたかい人たちばかりでホッとする。書籍化したらぜひ手元に置いておきたいです

★★★ Excellent!!!

作者さまの作品を読むのは二回目になります。一作品目にて、丁寧な心理描写、脳裏にイメージが浮かび上がる情景描写、物語に引きずり込む多彩な仕掛けを体験していましたが、本作品でもその魅力は十二分に発揮されてました。

物語は、やや複雑な人間関係が絡む恋愛ドラマです。あえて詳しくは述べませんが(詳しく書くと、ある場面での涙するシーンが損なわれますので)、本作品の特徴を紹介したいと思います。

本作品には性描写が含まれますが、よく読みますと、単なる性描写でないことに気づきます。一見するとよくある男女の交わりに見えますが、すでに仕掛けは始まっていて、一気に物語に引きずり込まれていきます。物語が進むにつれて、交わりも形や色を変えていき、それが互いの心情を表しているようで、時には胸が苦しくなるような気持ちに見舞われます。

物語のキーとなる『秘密』については、恐らく衝撃を受ける方も多いかと思います。しかし、この『秘密』をありのままに受け入れることで、人間関係がより際立ち、更に深い感動を味わうことができるようになっています。

本作品の最大の特徴は、登場人物がいないことです。いるのは、役割を与えられたキャラクターではなく、それぞれの人生を歩んできた生の人間たちです。そのため、都合のいい展開は一切ありません。だからこそ、主人公のカナの姿や義兄の苦悩に共感し、涙すると思います。

最後に、本作品の一番の見所を紹介します。主人公のカナが中盤である場所で暮らすことになりますが、そこで描写される景色、心情は、圧巻の一言です。現実の世界なのに、幻想の世界に連れていってもらえます。

素晴らしい作品と胸が震える感動の連続だった読書時間、本当にありがとうございました。

感動と涙保証の本作品、自信を持ってみなさまにオススメします!!