アメのソラ

作者 青嶋俊作

27

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

うまくは言えないのですが、この物語において、登場人物達が確かに存在してその世界で生きているのだと感じました。
また、アンドロイドとわかっていても、ティエラにアメを重ねてしまう主人公の心情にも大変共感できて、胸が締め付けられるようでした。

とても面白かったです!

★★★ Excellent!!!

――

近未来SFもの。

アンドロイドが普及した近未来にて、失った大切な人と瓜二つのアンドロイドと出会う、というお話。この作品は機械であるはずのアンドロイドとの心の交流を描いた内容で、女性型アンドロイドを通じて主人公のアンドロイドに対する価値観が変化していく様は、読んでいて共感できる部分もあってよかったと思います。相手のアンドロイドの誕生に関する秘密も、個人的に気に入りましたね。

またSF作品としても、設定がよく練れれており、非常に読み応えのある作品でした。ストーリーは感動系のお話ですが、作中の設定はとても興味深かったです。

SFファンにはもちろん、普段SFとあまり関わらない方にも楽しめる内容となっております。そういう意味では幅広い層に受け入れられそうな作品でしたね。面白かったです。ごちそうさまでした!

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

アンドロイドが社会に定着した、近未来の東京。人間とアンドロイドとの関係性を主軸に描く、SF小説。

リアルな近未来東京の描写が、とてもクール。ストーリーも軽々しいものではなく、シリアス系です。真面目なテーマに、真摯に取り組んだ、文学の香りのするSFです。

プラスティック・メモリーズというアニメの影響を受けたと作者さんが言っておられたので、その映画のファンの方は、より楽しめると思います。(私は、映画は未見ですが、小説は楽しめましたので、もちろん映画を知らなくても大丈夫だと思います!)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

アンドロイドと人との関係を問いかける、重厚なテーマのこの作品。
世界設定も練られており、安心して読み進めることができます。
ハードさの中にも切なさが感じられるのは、主人公の「アメ」への想いが美しく語られるからでしょうか。
アンドロイドものが好きな方にはオススメです。