常識外れの最強種族 〜俺が始めた異世界歴史〜

作者 リブラプカ

448

169人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

序章ではドラゴンヴァンパイアの成り立ちとでも申しましょうか?
些か要領を得ない感じではあったのですが、神章に入ると「ああ! なるほどね!」と、これまでのモヤモヤが一気に晴れる様な作り。あとは夢中になって読んでしまいました。
つまり神話なんですね。
文明とはこうして興る。どこか古典文学の香りがしつつも、しかし現代における異世界ファンタジー。
こういうタイプの物語も面白いですね。

★★★ Excellent!!!

よくある転生もの。しかもドラゴンとヴァンパイアのいいとこどり。更に両性具有....という導入を読みはじめた際には、少々頭が痛くなったが。。。
兎族と出会ったあたりから、ぐんぐん話に引き込まれた。

兎族の建国神話のスタートなのだとわかった事で、狙いもハッキリしてきて、楽しみが倍加です。
さて、神章もそろそろ終わり。次章を、早く。

★★★ Excellent!!!

この主人公、女神にお願いしてドラゴンとヴァンパイアのいいとこ取りをした種族に転生します。

なんと図々しい!と、つい思ってしまった僕ですが、読み進めてみるとすごくおもしろいんです。

怪物として猛威をふるう主人公は、物語の途中でかなり残虐なこともするので、そこは好みが大きく別れるところだとは思います。
ですがぜひ、そこが合わなかったとしても兎族が出てくるところまでは読んでほしいです。

兎族が主人公を神と崇めながら文明を開花していくところは、みなさんにお勧めできるほどにおもしろいです。
シム系のゲーム、といえば伝わるでしょうか。
街が成長し、文明が発達していく様はワクワクします。道具の制作、魔法の発達、神聖騎士団の設立……どうですか、ワクワクしてきませんか?

主人公が神として、今後どのようなことをしていくのか、とても楽しみな作品だと思いました!!

★★ Very Good!!

神とは災厄であり、恵みをもたらす存在である。武器を向ければ強大な力で命を奪われ、崇め敬えば技術や言語などの恵みをもたらしてくれる。最初は命の扱いの軽さに驚きましたが、確かに古代の時代の命とはそういうものだったと思い直しました。兎族たちとの交流から一気に面白さが増します。文明を創造していく楽しさを味わえる大作です。

★★★ Excellent!!!

ドラゴンヴァンパイアになった話です。

ドラゴンと吸血鬼になりたい。

高望みしすぎて、不必要な男性と女性の性別を得てしまいます。

はーれむものでもいいですし、純愛でもいけそうですね!

はたして彼はどのような異世界を旅するのでしょうか?



次の話にも期待して星三つ送らせて頂きます。