常識外れの最強種族 〜俺が始めた異世界歴史〜

作者 リブラプカ

ファンタジー神話~災厄も恵みもすべては神との交流によって生まれる~

  • ★★ Very Good!!

神とは災厄であり、恵みをもたらす存在である。武器を向ければ強大な力で命を奪われ、崇め敬えば技術や言語などの恵みをもたらしてくれる。最初は命の扱いの軽さに驚きましたが、確かに古代の時代の命とはそういうものだったと思い直しました。兎族たちとの交流から一気に面白さが増します。文明を創造していく楽しさを味わえる大作です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

秋月一歩@講談社ラノベ文庫より発売中さんの他のおすすめレビュー 358