おかあさんだらけ

作者 腹筋崩壊参謀

52

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ある日、子供の呟きが、とんでもない事態を引き起こします。
童話って、どこかホラー要素含んでます。
そこが、病み付きになります。

想像を絶する展開に、大人もビックリ!
お子さんのいるご家庭では、読み聞かせてあげるか、絵本にして、こっそり子供部屋に置いておいてはいかがでしょう?(笑)

★★★ Excellent!!!

童話であり、SFであり、ホラーであり、教訓的な要素もあるアイディアの光る作品です。絵本化したり小学校の道徳の教科書に載ったりしたらすごい評判になるのではと思いました。お母さんの言うことをちゃんと聞かないと、いい大人になれませんね。

終盤、デスクトップPC画面いっぱいに広がるお母さんの台詞には圧倒されました。夢に出てきそうです。そして、最後のオチもクスッと笑えるような怖いような不思議な魅力があります。短編を上手く書ける方の発想力に感心しました。

★★★ Excellent!!!

ごく普通の少年が母親に不満を持っていたところ、ある時、理想の母親がどんどん現れ――

童話じゃなくてホラーじゃないか、と読み終わった一瞬は思いましたが、成程教訓になる童話形式なのだなと思いました。

ある意味子供に読ませてみたい小説です。お子様のしつけにいかが!?

★★★ Excellent!!!

 主人公の翔太君。彼はいつも怒ってばかりいるお母さんが大嫌いでした。そんな翔太君はこう思います。

「あーあ、もっとやさしいお母さんがいればなー」

 現れました。やさしいお母さんがわんさかと(笑 お菓子を上げるお母さんや、宿題をやってくれるお母さん、果てはあらゆる物質までがお母さんとなり、翔太君を囲い込みます。

 いや、増殖せずに一人の優しいお母さんに全てやってほしいですね。気が狂いますよ、美少女ならともかく、かーちゃんですから。おかんですよ? それがいなごのように大量発生(笑

 思春期を迎えた、特に男子に読んでもらいたい、そんな一作ですね。
 そうでない皆さまも、是非ご一読を(⌒∇⌒)