雨上がりは線香花火を

作者 紅生姜

38

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

心に残る良い物語です。明日への希望と切なさの渾然一体となった余韻を読後に味わえます。
個人的に、”菊”と同じ様な境遇を経験したので、益々感情移入してしまいました。(神様になった経験ではありません)
漢字一字の小見出しも洒落ています。心理描写に長けた本編も素晴らしい。だからこそなんですが、作品タイトルをもっと...と、欲が出てしまいます。作者ならば、もっと良いタイトルを思い付くはず。こんなに素晴らしい物語だと、私は作品タイトルから想像しませんでした。期待してなかったからこそ、良品に巡り会えた幸運に感謝したのですが、本作品はもっと多くの閲覧者に読んでもらうべき物語だと思いました。
短編にはMAX2つが信条なんですが、星3つ付けました。

★★★ Excellent!!!

このお話、すごく好きです。

僕は自分ではかなり恋愛に対してドライな考え方をしていると思っているのですが、それでもこちらを読んだときには、ここまで誰かに愛されたら本当に幸せだろうなと思いました。しかもそれが神様ですからね。

神様、かわいいです。
彼女の心情描写が続くシーンがあるのですが、読んでいてとても切なかったです。いかに彼を愛していて、大切に想っているのかがダイレクトに伝わってきます。

あと、この物語のおもしろい点として、実は主役二人の出会いが書かれていないんですよね。すでに仲良しな状態から物語が始まります。著者様があえてそうしたのかはわかりませんが、どういう出会いがあったのかを想像すると、話に深みが出てさらにおもしろく読めるとおもいます。

★★★ Excellent!!!

ちょっと不思議で切ない現代ドラマもの。

獣耳のタグに釣られて読んでみたら予想以上にいい話で驚いた。いやー一本取られました。とある事情により物事がうまくいかない主人公は狐の少女に出会う。そして交流することで、お互い心に抱える傷や寂しさが溶け合っていく。この心が抱える感情が解決していき、前に一歩踏み出す切っ掛けとなるお話は心に響いてくるものがあってとてもよかったです。そして最後は切ない空気感があり、またそれが違う方向のセンチメンタルを引き起こしてくれ、素晴らしい読後感を得られる内容となっていました。

登場人物のその後が気になるちょっぴり切ない物語です。面白かったです。

★★★ Excellent!!!

厳しい花火職人の父親に反発して、都会へ出た主人公。しかし、挫折して故郷へ戻れば、虚無感しかなく、寂れて人気のない神社に足を運ぶ。

そこで出会ったのは、神を自称する狐だった。


まず、狐の容姿が少女で、可愛らしい感じです。そして、話し言葉が神様らしく、上からなのが良いテイストになっています。

主人公と神様の掛け合いの妙がテンポ良く、話を盛り上げます。

そして、お互いに心に傷を負っている事を知り、通じ合う場面が感動的です。

また、主人公の父親は、花火と言う危険物を扱う仕事柄、頑固で厳しく、滑り止め程度で家業を継ごうとする主人公に腹を立てますが、神様との交流で成長した主人公を認めます。

そして、最後に、線香花火に神様の運命を予感させるエピソードが……。