山中湖畔で会いましょう

作者 スライム緑タロウ

54

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

木花咲耶姫と磐長姫、そして瓊瓊杵命に携わる話が好きなので閲覧させて頂きました。

短編小説だからこそ美しいと思える作品だと思います。それでも個人的にはもっと読んでみたいと思ってしまうほどの、良作だと思いました。

一話完結ですので小説を読むのが苦手な方でも抵抗なく読む事が可能な作品です。

★★★ Excellent!!!

 自分のとった行動が 後になって
こういう事だったのか… と気付かされる事。
どうして そうしたのか、わからないけど
行きついたら そこだった。
不意に 不思議な感覚を覚える事あります。

 それは何だったのか。自分の記憶でも
到底及ばない 古からの呼び掛けなのかも…

 キレイな香りが残る 素敵な物語でした。
ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

心のリフレッシュ大切ですね。
冒頭は何かに行き詰まった主人公ですが、それを自分にも重ねてしまいました。

この作品を読んで擬似体験的にリフレッシュできた気がします。
何かに疲れて求めるものは昔の古い記憶なのかな。

不思議な世界を信じているわけではないですが、やっぱり何かこことは別の世界はあるんだろうなと思います。
その世界観が綺麗に描かれているなぁと思いました。

作品によって全く違う作風に書けて素晴らしいです。

★★★ Excellent!!!

色々な経緯があった末、何の気なしに向かう事になったのは様々な曰くが伝わる湖の傍。
ここまでは普通の旅行記なのですが、物語はここから少しづつ不思議な、そして神秘的なものへと変わっていきます。

詳細を書くとネタバレになってしまうのですが、もしかしたら読者の方も、そして自分も、様々な運命の地や巡り合わせを抱えているのかもしれない……短い文章の中にそんな事を思い起こさせる要素が詰まっている、素敵な短編です。

★★★ Excellent!!!

日本の首都、東京は憧れの場所になりやすいと思うのですが、東京育ちの人間にはどうってことないのかもしれない…と、序盤を読んで思いました。
そしてラストの衝撃。なるほどタグのファンタジーはこういうことか、と納得です。
作中に出てきたほうとうもいつか食べてみたいなぁ。

明日からも頑張ろう、そんな活力をもらえました。