眼鏡ちゃんは紙の本が好き

作者 湖城マコト

22

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

電子書籍も紙の本も、どっちも良さがあって、良いですよね。
私も眼鏡ちゃんと一緒で、電子書籍も紙の本も読むタイプです。割合としては、本が6割、電子書籍4割くらいかもしれません。

電子書籍の良いところっていうと、今この作品を電車内で読んでるみたいに、どこでもすぐに読めるところですね。紙の本の良いところは、具体的に挙げるようとすると、説明しづらいですが、個人的にはブックオフでの古本漁りが楽しいことでしょうか。

しかし、私は本を読む時に、しおりを使わないタイプなので、しおりの話はあまりピンとこなかったりします。

★★★ Excellent!!!

 人の数だけ本への接し方はある。だから、利便性だけで本を滅ぼすことは無理なのだという、不滅性のお話です。
 ところで紙の書籍、味があるだけじゃなくてすごい利点があります。頑丈です。端末を破壊するには地面に叩きつけるだけですむけど本を破壊し尽くすのは物凄く大変ですよ。物理的にも紙の本は駆逐されないんじゃないかなあ…