遠距離友愛 ~逢ったことのない、あなたへ~

作者 汐凪 猗綺子 (シオナギ アキコ)

34

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

作者様の愛情深い思いが、ぎっしりと詰め込まれた作品です。

カクヨムという場所で思いを綴る。
誰もがさまざまな思いを抱えて、大切な言葉を綴ります。
心が似ているのかもしれない…と思う方に出会えた時。自分の思いを汲み取り、優しく答えてくれる方に出会えた時。
手探りで暗い道を歩いていた自分に、力強い支えができたような…自分の居場所ができたような幸福感。

顔こそ見えないけれど、だからこそ、「心」で繋がる。より深い所で繋がり合える。
自分のいる場所は、なんと得難い幸せに満ちた場所なのか——そのことを気づかせてくれます。

たくさんのひとと繋がりながら、思いを綴っていきたい。
そんな温かさが心に溢れる、奥深い作品です。

★★★ Excellent!!!

――

 正直今までネット社会の人間関係は簡単に壊れやすいというイメージを持っていました。
 しかしここで描かれている両者の関係はそんなものとは正反対と言っていいものです。
 これは小さな奇跡と言っていいものかもしれません。
 それにしても自分にはまだこれほどの出会いはネット上ではないですね。
 今後そういう出会いがあるのでしょうか…?

★★★ Excellent!!!

――


人は精神で繋がるんだなと思いました。
容姿とか社会的な地位とかはその個人の「精神」には関係の無いもの。相手の心を抱いて、優しさを持って、愛を感じているんだな、と。この作品を読んで思いました。
作品には筆者の精神が否応なく晒け出されるわけで、その作品に惹かれるということはその人の心に惹かれることで、貴重な感覚だと思います。
ネットならではですが、相手の顔、つまりその人の本質を惑わせるものが見えないやり取りだからこそ、相手の心が明確によくわかるし、自分の心も相手に伝わるのかもしれない。
とても素敵な関係ですね。

★★★ Excellent!!!

――

文字列が紡ぐ絆に、なにやら不思議なものを感じます。
文字列をやり取りしているだけなのに、不思議と共感しあえたり、不思議な連携感で盛り上がれるときがある。そういうのが、類友要素なのかもしれませんね。

書いて5年くらいになるので、そういう方も何人か居たなぁ。居るなぁ、でもあります。
途絶える絆もありました(評価の不正釣り上げ…これは、嫌だ。本当に。嬉しくない。そういう方が、いくつかのサイトで、過去に複数いました…友は切磋琢磨で正々堂々ありたい)。
繋がり続ける絆もあります。これから出会う絆もあるでしょう。

一期一会も一万回。

作者さまのカクヨムライフがより良いものでありますように。心よりお祈り致します。

★★★ Excellent!!!

――

「カク」「ヨム」そして「ツナガル」。
何もおかしなことはない。
同じ趣味をもった者、同じ悩みを抱えた者が繋がるって自然なこと。
だけど…それは奇跡だと思う。
タイミングひとつ狂えば出会わないのだから。

当たり前に起きた奇跡。

私はそう思う。

ネットの悪い面ばかり見るのは、もう辞めた。
良い面を小説にしたい。

そう思わせてくれたのは、あなたです。

この小説を切っ掛けにして、今宵もどこかで奇跡が起こればいい。

★★★ Excellent!!!

――

 作品の中にある、『遠距離友愛』の方からやってきました。
 本当に心が通じ合う相手に巡り会えるというのは、すごいことですね。破綻しがちなネットでの関係も、築き方次第で素晴らしいものになる。そんなことを実感させて頂きました。
 カクヨムのこの場で、たくさんのそういう関係が生まれることを心から望みます。