神々の樹海―――叛逆の女神たち―――

作者 クファンジャル_CF

57

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ファンタジーの皮をかぶったガチSFです。
神々の支配する惑星では遺伝子と環境整備、そして神の身体となるために放牧された人類。
遺伝子が失われた大地を揺らすのは、支配者の軛から脱した、神像の身体をもつ女神たち。
こんなの面白くないわけねぇ!
途方もないスケールの神像同士の戦いを、とくとご覧あれ!

★★★ Excellent!!!

SFというよりは異世界ファンタジーとかに近いですね。もしくはファンタジーにSFをぶっ込んだみたいな。

どちらの視点で見ても神格の設定は深く練り込まれていて本編を読んだだけでは全て把握できないでしょう。

もちろん神格だけでなく、世界観もそうですし登場人物全てに深いドラマがあります。

凄惨なシーンは多いですが、読みおわった後のスッキリ感は保証できます。

あと澄火さんが羨まけしからんそして羨ましい

★★ Very Good!!

なんと表現すればいいのか、あまりに複雑な内容で世界観も登場人物も細かく設定されています。正直一読しても内容を全て理解出来てはいません。設定資料に目を通してさらにキャラクター資料も読んでやっと形が掴めたという感じです。これはいわゆる異世界チートハーレム物の魔王と勇者ではなく異世界の王と人類を救う救世主のお話です。神を神だと認識すると訳が分からなくなるので地球を侵略しに来た宇宙人だと変換して、人が改造されて宇宙人に乗っ取られると考えればすーっと入って来ました。こう言うお話には縁がないので勉強になりました。

★★★ Excellent!!!

冒頭、見覚えなどないどこかの村で虐殺と、そこから再生される命を描いたダークファンタジーの装いからはじまる。
けれどそれは物語が進むにつれて別の顔を見せ始めた。後半、日本の実際の地名や「統合自衛隊」といった親しみ(?)ある単語で埋め尽くされる。すると物語は一気に現実感を増した。ファンタジックな軍艦でありながら実在する艦隊のように読む者の脳髄を刺激し続けるのだ。
濃厚で奥深い壮大な物語が心をとらえて離さない。独特の味をもつ逸品です。

★★★ Excellent!!!

かなりの大作ですが、面白さに引き込まれてあっという間に読み切りました。
世界観や戦闘シーンが、とにかく圧巻です。
(以下、ややネタバレあり)


主人公と共に戦うヒロインたちの活躍ももちろんよかったですが、家畜以下の扱いで消費・蹂躙され続けてきた人類が、反撃に転じる後半の展開が非常に熱かったです。
ただ、人類から見れば絶対悪・仇敵である神々も、自分たちが滅びの運命から逃れるために選んだ行動だったので、ある意味、可愛そうだと思いました。

★★★ Excellent!!!

僕はこのようにとらえましたが、実際には様々な楽しみ方がある小説だと思います。
登場人物紹介を見てわかるように、主人公と呼べるキャラクターが三人います。
それだけに、とても深い物語になっています。

そして僕のレビュータイトルは、ヘラ視点のものです。
世界を知っていく、と書きましたが、何よりこの世界観が独特でおもしろいので、手が止まらなくなりました。

また、ヘラが新しいものに触れていく様がすごく丁寧に描かれていて、その様子がとても楽しいです。
人間の少女と握手するとき、リンゴを食べたとき……すごく微笑ましくてよかったです。

あとはフランちゃんですね。
三章から登場するのですが、彼女の話がとても泣けます。
具体的にはネタバレになるので書けませんが、ヘラと仲良くなるシーンと、そのあとの展開は素晴らしいです。

気合いが入った生々しい描写はストーリーとマッチしてますし、どのキャラクターも過去をひっくるめてとても魅力的でした。

願わくば、彼女たちに幸せな未来が訪れますように……。