アテン神☆ぷりーず ~ツタンカーメン王の幽霊とミイラ作り職人の少年~

作者 ヤミヲミルメ

45

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ツーたんことツタンカーメン王が、幽霊となってミイラ職人カルブの前に現れる。そう、まさにツーたんのミイラ化が施こされているときに。

ツーたんは割と呑気でマイペース。時の神トートの力で知った未来のパンケーキを食べたがったり、カルブの邪魔をしてみたり。

でも、彼の事故死には不審な点が……そして彼の最愛の妻アンケセナーメンに魔の手が忍び寄る――!

古代エジプトの史実を下敷きにえがかれた本作は、豊富な知識に裏打ちされた本格派ながら、親しみやすいキャラクターと文体で軽やかな作品となっています。
読書中はまるでその時代のエジプトにいるように感じさせてくれる作品です。
また「ツタンカーメンを暗殺したのは誰なのか」という歴史ミステリーに向き合う面白さも。

エジプトや古代好きならきっとこの作品が好きになるはずです。

★★ Very Good!!

ツタンカーメンの幽霊とそのミイラを作るミイラ職人の少年の話
このような主題ではどうしても避けて通れないであろう脳みそ問題をどうするのかなって思ってたんですが、
トート神をそう使うか!
って感じでした
最後のつーたんの叫びは泣けるね
面白かったです

っていうか、異国のダチョウの神ってさぁ……

★★★ Excellent!!!

まず、古代エジプトに関する作者様の様々な知識が凄いです。
そしてそこから紡がれる、主人公カルブとつーたんの不思議な日々が主軸の物語となっています。

二人のかけあいは見るだけで面白く、かなり重い設定を扱っているにもかかわらず、つーたんのキャラクター性によって終始楽しく読み進めていくことが出来ます。

それでいて後半の盛り上がりや緊張感も十分で、過不足無く完結する中編として、とても完成度の高い作品となっています。

ぜひ皆様も、この作品を通して遠いナイルのほとりに想いを馳せてみて下さい。きっと手に取るように彼らの歩んだ時代の光景が浮かび上がってくることでしょう。

★★★ Excellent!!!

ツタンカーメン王とミイラ作りの少年カルブの会話がとても楽しかった。

設定もよく、展開も飽きさせないバトルシーンにものめり込みました。

読み終わったあと、ツタンカーメンとカルブのふたりに会えなくなるのをとても寂しく思いました。

内容がいいので、もうちょっとちがうタイトルにしたほうが人の目につくかも。

★★★ Excellent!!!

まだ読了してませんが、もっと評価されてほしいので途中ですがレビューを。

神話級に遠い古代エジプトが身近に感じられて、とても楽しいです。また違和感がない。

ツタンカーメンはもちろん、神々まで近くに感じられます。

あと、つーたんが憎めなくて好き(*´艸`*)

★★★ Excellent!!!

いわずと知れたツタンカーメン。
そして、ミイラを作る職人のカルブ。

ある日カルブのもとに
ツタンカーメンの遺体が運ばれ、
ミイラにすることを頼まれて……

という場面から始まる、
当時のエジプトの文化や情景が目に浮かぶような
ロマンあふれる壮大な物語で、
とても楽しい読書経験ができます。

さらに!

筆者の巧みな文章による一級品の読みやすさもあって
(カクヨムでトップクラスの筆力です)
スラスラとテンポよくページがめくれます。

自分を「つーたん」と呼べと言う王に
「イやだ」とカルブが即答するあたりの
ふたりの会話も、最高にリズミカル。

いいですよ、これ。