ところでA君はB君のスイッチを入れたのか?

作者 aoiaoi

37

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

BL男子高校生二人のラブ・ストーリー第二弾です。
真面目に互いを認め合う二人ですが、コメディタッチで描かれており、いやらしさのカケラもなく安心してご覧いただけます。
今回はAくんがBくんのスイッチをオンにするために色々と画策するのですが、その作戦がお見事。愛する人がどうすれば喜ぶのか、何がキモなのかを真剣に考え実行する。これはBLだけに限らず、男女の中にあっても、とても大切なことだと思います。
愛する人のために。これが作者の最も大切にしているキーワードではないかと思料いたします。
爽快なラブ・ストーリー、ぜひご覧になってください。


★★ Very Good!!

BLですが読みやすいと思います。
読みづらいという方は片方を男勝りな女性に脳内変換してみては?

積極的に誘うA君。それに対し消極的なB君。
二人の恋愛模様が魅力的な作品です!

短編なのも読みやすい理由の一つです。

この作品を読むと、新しい事に目覚めてしまうかも!?(笑)

★★★ Excellent!!!

ミクロな視点で集約された理論を楽しんでいる彼と、
日常に散りばめられた理論をマクロな視点で共有しようと奔走する彼の対比が素敵!
そんな二人が手を結ぶストーリーもまた隙なし! 関係を多角的に育む初々しくも可愛らしいお話を楽しめました。
ではまた遊びに来ます。本日もお疲れ様です!

★★★ Excellent!!!

いやぁ、この二人の行動やら思考がなんとなく読めてしまう。
Aの提案したアレとアレに関係するアレらとかは秀逸の一言に尽きますね。
軽~く読める内容故にレビューが書けなくて少し悩みますので、一言で纏めます。
この作品、実に面白い。

……それにしても……引っ張るなぁ……。