現代リベラル論に基づき二重螺旋を組み込んだ桃太郎。おとぎ話再考の一例

作者 加賀山かがり

62

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

おそらく、大半の読者が一話目で離脱して、その後を読もうとしないだろう。それが正常な反応であり、正常な読者のあり方だ。

一話目を見た瞬間、洪水のように流れ込んでくる大量のルビ! そして巣から群れでできた蟻のようなルビ――ルビ、ルビ、ルビ!

これだけでブラウザバックをし、続きを読まないと選択すには十分足る理由だ。

まぁ、しかし、読者諸君よ、少しだけその怒りと失望を捨てて続きを読んでもらいたい。これを書いたタヌキを丸焼きにしてしまうのは、まずは続きを読んでみてからでも遅くはないだろう。

この作品は実に意欲的であり、そして実験的な物語だ。物語は二階建の構造をもっており、主文とルビにはもちろん意味がある。そして物語自体もなかなか笑える上に、スピード感のある戦闘アクションが合ったりと、読ませるのだ。

もちろん、いくら良いアイディアを思いついたからと言って、こんな作品はダメである。

こんな作品は売れている作家が、それもかなり売れている作家が、「よしっ、次はいっちょ実験的な小説でも書いて読者をおちょくってやるか!」なんて心持で書くような作品なのだ。小説投稿サイトなんかで披露したところで、「ふざけるなー」「こんなもの読めるか―」と、なるのが当たり前である。

しかし、だからと言ってこの意欲的な実験大作がおもしろくないという訳ではない。二階建の物語の全貌が見えてくれば「おおっ」と唸るし、読ませる文章も悪くない、素晴らしい作品なのだ。こんな物語を考え、そして書き上げた作者には心からの拍手をおくりたい!

そして、是非のこのカクヨムで多くの人に読んでもらいたいと思う。

しかし、それでも僕はこう言いたい――

「作者、出て来いっ――丸焼きにして鍋にぶち込んでやる」

★★★ Excellent!!!

この発想はなかったと素直に脱帽させられる。

本筋もさることながら、二重螺旋が生み出す物語の結末と、その幕引きに大いに驚かされることになる。

作者は頁を開いた時には目が点になるというが、読み終えた時には瞠目していることだろう。

文句なしの意欲作!