調子はどう?

午後野 有明

調子はどう?


今日会社から帰る途中に、私は不思議な少年と出会った。


彼は道の端でしゃがみ込み、何やらぶつぶつと唱えているのだ。


気になって少年との距離を少し詰めてみると、何やら誰かと会話しているようだった。


「調子はどう?」

「元気にしてる?」

「何だって?小山田さんが死んだ?それは残念だ。」


もう少し近付いて上から覗き込んでみると、少年の視線の先には蟻の行列があった。


……なるほど、蟻と会話して寂しさをまぎらわしているのか。


私はそう思いながら彼に話し掛けてみた。



「やぁ、君。一体そこで何をしてるんだい?」


彼は振り向くなりこう言った。


「あなたで丁度100人目。」


すると少年はみるみる大きくなるではないか。



……いや、少年が大きくなっているわけではない。


「あぁ、なるほど。」


私はようやく状況を把握した。


そして少年は私に話し掛ける。





「調子はどう?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

調子はどう? 午後野 有明 @xxxsgm

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ