ナビにない街

作者 太刀川るい

98

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

近未来の世界。
完璧にコントロールされ、効率化最適化された車社会。

その裏にある、ちょっとしたエラーでできた人間味のある空間。

質の高いSF短編を堪能した読後感を感じた。

★★★ Excellent!!!

 あらゆるものが自動化され最適化されて、日常の中から冒険というものが一切消え去った未来。
 この世界では、ナビさえあれば運転手はいらない。あらゆる道路がナビにインプットされていて、自動運転に任せたままどこへでも行ける。
 全てを機械操作に任せた人間の心理は、後部座席に座る同乗者の心境だ。運転するAIの助手ですらない、運転手に任せてただ運ばれるだけの荷物だ。
 荷物である事は本当に楽なものだけど、知らない道を走る苦労も、自動車を自ら運転する緊張感も存在しないということになる。それは日常の小さな冒険、緊張感、高揚感さえ生まれない、さぞかし退屈なドライブのはずだ。
 そんな世界で生きる主人公が、ある日ふと思い立って、ナビのない車で、ナビにない街を目指して走る。
 久しぶりにハンドルを握る主人公が味わう適度な緊張と、高揚と興奮。
 その先で出会うナビにない街は、自動化され最適化された未来社会の中に再生産された秘境の街だ。その出会いは、きっと彼と、彼が譲り受けたくすんだ銀のスポーツカーに、新たな生命を与えただろう。この物語は、主人公とスポーツカーの再生の物語でもあるのだ。

 この小説は、未知の土地へのドライブという、非日常への小さな冒険を実に魅力的に描いている。その魅力は、作者の雑味のない洗練された文章によって、実にすんなりと読者の心に入ってくる。
 この小説を読んだあなたは、きっと見知らぬどこかへ旅立ちたくなるはずだ。まだ私たちが、車のハンドルを握っているうちに。このハンドルをナビに支配されないうちに。

 この小説の主人公も、きっとおそらく、次なる冒険へ向かうだろう。

★★★ Excellent!!!

 システムは完結していなければならない。円環のように、始まりも終わりもなく、流動的であり、かつ、静なる面も見せてくれなきゃあ嫌だね。

 その閉じたサーキットの中にこそ世界は構築されて、システムの作動と世界の動作は連動して人に認知される訳だ。じゃあその外側は? システムが関与していない部分には何があるの?

 完璧なシステムだからこそ生じる外側の(あるいは内側の)回路ってとっても素敵な世界なはず。

 僕もその道を走りたい。ガソリンが燃える匂いがこんなにも爽やかに感じられるSF小説です。好きだ。