実話怪談を語るけど恥ずかしいから霊感あるとか真顔で言えない私の心霊奇談集

作者 小春日和

89

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

私自身としては、霊感などなにもないために……ついつい怖いモノ見たさで心霊スポット番組なんかも見ちゃうのですかf(*´ω`:*)

こちらで掲載されているエピソードは、ひとつひとつが克明な描写で、まるでその場に迷いこんでしまったかのような錯覚をもたらします。

夜中に読まなくて良かった!
まだ鳥肌がとまりません。

作中の心霊スポットについても、詳しくネットで検索してみようかな……
そう思ってしまったあと、あわてて取り止めました。
もしこれが『呼ばれている』からなのだとしたら、恐すぎますからね……!!((>_<:))

★★★ Excellent!!!

普通、心霊スポットって怖がりたくて行くものじゃないですか。でもこの作者様の場合は違うのです。
ひょんなことから一緒に住むこととなった叔母の霊魂。その叔母の霊魂を認識し続けるために、『霊感能力の向上』という目的で心霊スポット巡りをするのです。

霊感0で怖がりの私には、ちょっと考えられない理由ですが、作者様は至って真面目であり、そしてなんだか幽霊に対してアグレッシブで強気(笑

ところで、この体験談は本当に怖いです。まず「真実」か「偽り」かで疑念を抱く方もいると思いますが、その語り口からして「真実」だと断定できると思います。いかにテレビに出ている、(金目的の)霊能力者が胡散臭いかが分かりますね(笑

ちなみに、テレビでも話題になった京都の心霊マンション「メ〇ボ広沢」にも出向いており、その話がまた怖い怖いっ。

というより、全話怖すぎて夜には読めなった私ですが、連日続く熱帯夜には丁度いい「ヒンヤリ感」を与えてくれるかもしれません。

皆さまも是非、最恐の体験談を読んでみませんか。

……読んだあと何かあっても責任はとれませんが、ね――。

★★★ Excellent!!!

私の場合、寄ってこられると面倒くさいと思う質ですが💦

他人に声に出して話すと「社会人なんだから、そういう話はやめなさい」と言われることがあります。
実際見えているし、見た後にそれが事実であることを証明するために歴史的・場所的背景の裏も取るのに「おかしい人間」と思われてしまうので、一連の体験談を読んで自分の気持ちが少し救われました。

★★★ Excellent!!!

0感です。でも怖い話は大好きで、ホラー文庫なども作者買いするほど実話系は大好きなんです。

それで、このエッセイが目に留まり、ほんのり怖いくらいかなあって思っていましたが、がちで怖いです!!これは怖いです。情景描写もさることながら、実際に感じたことを分かりやすく淡々と述べておられるだけなので非常に恐ろしいです。でも読んじゃいます。怖い話が好きなので。

これは続きがとても気になりますね…めちゃくちゃ怖いので続きをお待ちしております。怖い話がとても好きなので……

Good!

情景描写が適度に細かで時代感などいい雰囲気がでています。
作者様の危険に自ら踏み込んでいくアグレッシブさ?が特徴的な作品でした。ご自身で撮影した心霊写真のURL載せたりするのも挑戦的(残念ながら私には何も見えなかった)。

ただどうしても気になったことが。第一話、警察は一体なにを『立証』したんでしょう。子供らの証言を又聞きしただけのような。

★★ Very Good!!

霊感持ちというのは、自分が思うよりも実は多いのだなぁと近頃はよく思うのですけども、あまり他人には言わない能力ではありますよね、確かに。
見世物的な興味を引けたとしても、信用自体は失いかねないし、商売っけでもない限り、本当に霊感を持っている人はあまり顔を出したがらないと思います。

話は聞いてほしいところはあるんで、顔の出ない匿名性の強いネットの中で、そういう人々がようやく「ねぇ、聞いてよ、」と声を上げ始めたのかも知れませんね。
私は霊感の方もムラっ気で、感じたり感じなかったりが激しいので、特に言うのは控えています。そんな私の体験談もお聞き頂きたいと思ってしまいました。仲間意識を勝手に持たせてもらってます。(^^)