ガノタですがなにか?

作者 ながやん

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第6話「鮮烈! 修羅場かい?」へのコメント

    ところどころガノタである以上に腐ってるじゃないですか!w

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!俺もかなりのガンダムオタク、ガノタですが…作中のキャラは通常の三倍くらいガノタです(笑)そして、がっつり腐ってる幼馴染…隣の家に住む家庭的な幼馴染!でも腐女子!引き続き楽しんでもらえれば嬉しいです~

    2018年12月25日 15:11

  • 第52話「嘘だと言ってよ玲奈」へのコメント

    嘘だと言ってよ、バーニィーって劇中では一度も言ってない台詞だったんですよね〜
    まさかのこのタイトルが来るとは

    作者からの返信

    そうなんですよね、ポケ戦は自分も好きで何度も見ました。小説版や漫画版も思い出深いですね。この小説も後半はシリアスなムードが増しまして、結構ガンダムから取ったサブタイトルもそうしたものが増えていました。ポケ戦は今でも、ガンダムとして、アニメとして、そしてどんな世代にも楽しめるエンタメアニメ(しかも巧みな反戦アニメでもある)として楽しまれる名作ですね~!因みに自分はクリスみたいな女性、大好きです(笑)

    2017年7月28日 11:11

  • 第45話「寿司、新たなり」へのコメント

    気のせいかな?ヒイロの台詞が多発されているような

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!そうですね、ヒイロって…すっごい使いやすい名台詞(迷台詞)ばかり残してくれてますからね。すごいんですよ、真顔で「死ぬほど痛いぞ」とか言っちゃいますから。ああいう個性的で誰にも印象に残るキャラ、それだけでもう勝ちですよね…強烈ですから。

    2017年7月28日 11:09

  • 第40話「わたしの夢はカップル成立です」へのコメント

    そんな幼少期から腐女子だったとは
    いづるの将来の婿は富尾真也かな?
    (違うそうじゃない)

    作者からの返信

    やばいですね…真也✕いづるで、翔子がハスハスしまくってしまいます(笑)もう一人のヒロイン、翔子と玲奈の関係にも今後は注目しててくださいね。ぽややんとして過程的なおっとり美少女の翔子が…まさかまさかの展開に巻き込まれていきます。自分なりにヒロイン対決シーンは好きなんですが、一般ラノベではあまり受け入れられない作風みたいなんですよね~

    2017年7月27日 10:11

  • 第35話「夢中のカレイドスコープ」へのコメント

    予想で書いていたら本当に好きだったんですね海姫さん

    作者からの返信

    そうなんです…海姫さんはスーパーロボットが好き。マジンガーZとかゲッターロボが好きなんですが、後々にこのことが作中にもいかされてきます。スーパーロボットってなんだろう…ガンダムが「リアルロボットの金字塔」って言われてるけど、じゃあスーパーロボットって?その問にも自分なりに答を込めて書かせていただきました。自分はスーパーだリアルだに関係なく、ロボット作品はなんでも好きですね!

    2017年7月27日 10:09

  • 第34話「美味き飯の終わり」へのコメント

    このラーメン屋ドモン(山田)が店を受け継ぐとき、「今日こそは俺はアンタを越えてみせるッ!!」と言ってラーメン対決するんだろうな

    作者からの返信

    いいですねえ、ラーメン対決して「どうしたドモォン!もっと(麺に)コシを入れんかぁ!」なんて…でも、その前に山田君は学生さんなんだろうか、それとも正社員を目指してるバイトさんなんだろうか。さりげなーくお気に入りキャラです、山田君。モデルは勿論、ドモンとダイゴウジ・ガイですね!

    2017年7月27日 10:08

  • 第33話「モニュメント」へのコメント

    機動武闘伝Gガンダムを最初に見たのでのちに1STガンダムとかを見たら、ん?という感じになりガンダムってなんなのということがありました
    後々に色々とガンダムシリーズのことは理解でき、これはこれでいいものだなと思いました
    自分が1番好きなガンダムシリーズは機動武闘伝Gガンダムですね
    アキトのラーメンって全く作品が違い過ぎるwww
    それは機動戦艦ナデシコだ
    バカばっかとルリルリがいいそうですね

    作者からの返信

    どうやらこの作品の登場人物は、ガンダム以外にもロボットアニメに詳しいようですね…ナ、ナンデダロウナー、フシギダナー!(作者のせいだという現実から目をそらしながら)機動戦艦ナデシコ、いい作品ですよね。当時、多くの「二番煎じ綾波レイ」が生まれましたが、彼女だけが確固たるオリジナリティを打ち立て、多くのファンを獲得しました。今もスパロボでみかけると、やっぱりかわいいです。

    2017年7月27日 10:07

  • 第32話「その名は東方不敗? ラーメン…へのコメント

    師匠オオオオーーー!
    ドモンじゃなくて山田さんなんですね
    店長さんまんまマスターアジアの顔つきでラーメンを作っているとは想像できないww

    作者からの返信

    そうです!マスターアジアまんまの店長が秋元羊介さんの声でラーメンを作ってます(笑)そんなラーメン屋、あったらいいなあと思って書きました。それにしても玲奈さん、超弩級のお嬢様なのに…ラーメンに凄いこだわりを持ってますよね。この天驚軒って中華料理屋は、続編『ガノタですがまだなにか?』にも登場するのでお楽しみに!

    2017年7月27日 10:05

  • 第30話「父のつくった現状」へのコメント

    へーあの二人はそんなに仲良くなっていたのか

    作者からの返信

    どんどん親密になっていきますよ…そして、玲奈と父親の関係がいづるにもドラスティックな結末を呼びます。そう、玲奈は完璧な美少女ですが…親に恵まれてないんです。ガンダムの主人公によくあるパターンですね。そんな彼女がいづる君とどうなるか…この先も是非、よかったら読んでみてくださいね!

    2017年7月27日 10:04

  • 第23話「マクロの翼の歌」へのコメント

    ドモン並の告白して振られたら一生のトラウマものですね
    VF-1バルキリーは一番好きな機体です
    当時からしたら1つの戦闘機から3形態が生み出されるとは誰も予想しなかったと思います
    バトロイド、ガウォーク、ファイターいつ見てもたまりません

    作者からの返信

    マクロスは当時、衝撃的なアニメでしたね…放送の瞬間まで、バルキリーがロボに変形する飛行機だということは、誰も知りませんでした。徹底した情報封鎖でしたし、ネットもない時代でしたからね。アニメをリアルタイムで見ていた人達は「なんじゃとてー!?」とびっくりしたハズです。そして、あの変形ロボのアイディアは多くのロボットアニメに影響を与えたと思っています。それにしても富野信者、じゃないや富尾真也…くわしいなw

    2017年7月27日 10:02

  • 第18話「スナイバル・ガノタ・嫌い」へのコメント

    ガンダム嫌いからのスーパーロボット系が好き予想外でしたwww
    機動武闘伝Gガンダムを見せたらガンダムという概念からかけ離れた必殺技がオンパレードなので海姫さんが気に入ってもらったらいいですね

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!Gガンダムは当時は衝撃の作品でしたが、あれがあったからこそWもXも、SEEDも00もOKな世界観ができたんだと思います。Gガンダムが宇宙世紀の枠を破ってくれたので、アムロとシャアがいた世界以外の物語も、ガンダムとして世に出始めたんですよね。素晴らしい…そして、Gガンが初めての作品!いいですね!海姫もGガンダム、見れば絶対に気に入ります。その話もあとで出てくるので、お楽しみに!

    2017年7月27日 09:59

  • 第11話「うたた寝は落日に染まった」へのコメント

    なるほど基本はデストロイモードで寝るときはユニコーンモードになるアホ毛なんですね
    例の男はブライトさんなのかな?

    作者からの返信

    いつもTwitter等で宣伝用に使わせてもらってるイラスト、友人が描いてくれてるんですが…「アホ毛がVの字でガンダムっぽい美少女!」ってお願いしました。その時、ふとアホ毛を見ててなにかに使えないかなと思って…あと、ガンダムUCの無駄に豪華で荘厳なBGMをアラーム音にしてるあたり、玲奈さんパネェです(笑)そうです、寝てる時やショボンヌな時、ちょっと調子が悪い時はアホ毛が閉じるんです。

    2017年7月26日 17:33

  • 第9話「それは校則違反と呼ばれた」へのコメント

    UCのマリーダさんですか?
    クルスと聞いてこの方しか思いつかなったので

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!よくぞ気付いてくださいました、海姫と書いて「マリーナ」という、トンデモなキラキラネームのメイドさん…仰る通り、マリーダ・クルスをモデルにしたキャラです。あのむっつり無表情な美人さんです。原作同様、彼女は「ガンダムが嫌い」という設定がありまして…作中でも少し進むと、その理由やガンダム嫌いの代わりに好きなものが出てきますので、お楽しみに!

    2017年7月26日 17:32

  • 第6話「鮮烈! 修羅場かい?」へのコメント

    例えを聞けばあぁなるほどってなりますけどコレは沼が深すぎるwww

    作者からの返信

    我々ガノタ、しかもちょっと終わってる系のディープなガノタは、どんな話題も「…すまん、分かりやすくガンダムで例えてくれ」って言っちゃうんです。もう、半分病気です(笑)例えば、SMAPの解散騒ぎが昨年末に世間を騒がせましたよね。あれなんかも、ガンダムに例えると「ガンダムWの五人がエンドレスワルツで巨大な敵と戦おうとしたけど、五飛が組みした敵側が強かった…まではアニメ通りだけど、そのまま敵と五飛が勝っちゃった」と説明されると、なるほどー!となっちゃうんですね。…ガノタって、ダメな子ですね…!

    2017年7月25日 06:59

  • 第2話「始動! 普通のお友達」へのコメント

    ちょっwwwボトムズだけ詳しすぎるし、腐ネタに沼入りしていた
    ガラスの仮面とか小ネタ満載ですね

    作者からの返信

    昔2chに「一般人のロボットアニメの認知度」というネタがあって、それですね。通じる人ももう少なくなってしまったと思いますが、「おいおい、ガンダムやエヴァが適当なのになんでボトムズだけそんなに詳しいんだYO!」と…シュールな笑いで過去のコピペを知ってもらえたら嬉しいです。いろんな小ネタを沢山入れてるんですが、こうして楽しかった、面白かったとコメントいただけると嬉しいでっす!ありがとうございます!

    2017年7月25日 06:56

  • 第1話「少年が見た流星」へのコメント

    なるほどタイトルからの台詞まで新機動戦記ガ◯ダムWネタになっているんですねww
    第1話から濃ゆいの来るんですねwww

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!サブタイトルは全て、ガンダムシリーズのサブタイトル等から取るようにしてますね。そして、ガンダムネタがわかっていただけるの、凄い嬉しいです!ガンダムWはいろんな意味で思い出深い作品でして、ガンダムシリーズの中でも異彩を放つ名作(迷作?)だと思ってます。今後もディープなガンダムネタが続くので、よければ是非みてやってくださいね♪

    2017年7月25日 06:55

  • 第59話「約束だぞ?」へのコメント

    止めるな、海姫!(笑)

    作者からの返信

    まあ、お約束というか、なんというか(笑)ここまでお疲れ様でした!ホント、ありがとうございます。読むの、大変じゃなかったですか?本当にお疲れ様ですお…感謝!

    2016年12月16日 18:45

  • 第58話「その涙、ガンプラに散って」へのコメント

    まさかこれが発……

  • 第52話「嘘だと言ってよ玲奈」へのコメント

    大波乱!

    作者からの返信

    最後はやっぱり盛り上げたいな!と思いまして…まあ、ちょっと自分の中では、東北県民として3.11も知ってるので、地震ネタも不謹慎かと思ったんですが。まあ、それを言い始めたらなにも書けませんし、と。やっぱり恋愛には最後にデカい障害があると好きですね、自分は。

    2016年12月16日 18:44

  • 第50話「恋と愛と」へのコメント

    海姫www
    かわいいな、海姫(*‘∀‘ *)

    作者からの返信

    海姫は、あの真顔なマリーダさんのヴィジュアルで、全ての作中の台詞を喋ってるかと思うと…変な笑いがこみ上げます(笑)海姫は自分の中でも「マリーダさんが転生したメイドキャラ」なんですが、それ以上のかわいさがあって、とても気に入ってますね。

    2016年12月16日 18:43

  • 第49話「舞い降りる勇気」へのコメント

    俺がガンダムだ!

    ……ここでこれか!!

    作者からの返信

    彼がガンダムだ!やっぱり刹那きゅんのあの台詞は、インパクトがありますからね…自分も一人のガノタとして、大好きな台詞です。

    2016年12月16日 18:42

  • 第45話「寿司、新たなり」へのコメント

    かっぱ寿司っぽい……(笑)。

    作者からの返信

    ふっふっふ…自分の地元にもここ数年、かっぱ寿司が増えました。回転寿司のあのリーズナブルでお手軽なとこ、さっと入ってさっと食べれて、さっと出られるとこが好きです。江戸っ子の寿司スピリッツとも合致しますよね…自分は回転寿司、大好きです♪

    2016年12月16日 18:41

  • 第44話「二人だけの散歩」へのコメント

    これはいいシーンだ!

    作者からの返信

    ありがとうございます、エロとガンダムだけでなく、ラブコメとしても男女のイチャラブシーン、読者が「いいなあ」って思えるようなシーンは残したかったですね。

    2016年12月16日 18:40

  • 第42話「Toplessの海」へのコメント

    大人はすぐに破廉恥という。だから、大人は嫌いだ!

    作者からの返信

    私は破廉恥な男かもしれない…富野作品と破廉恥は、切っても切れない仲なのです!(笑)

    2016年12月16日 18:39

  • 第41話「太平洋、微笑んで」へのコメント

    >「彼氏とは違うのよ、彼氏とは! ……と、とっ、友達、なんだから……まだ、友達、だもの」

    ……あれ?
    勝にいづるが偽の恋人だってばらしたんでしたっけ?
    事情説明あったかなぁ……。

    作者からの返信

    どうだったかな…(汗)なかったかもしれないですね。ちょっとポカだったかもしれません。

    2016年12月16日 14:15

  • 第40話「わたしの夢はカップル成立です」へのコメント

    ああなる……アアナル……どうなる!?

    作者からの返信

    ア、ナルほど!…掘ど!?どうなるんでしょうねえ…でも、小さい頃から翔子ちゃんは腐女子だったんですねえ…(笑)

    2016年12月16日 14:16

  • 第34話「美味き飯の終わり」へのコメント

    すげぇラーメン屋だ……。

    作者からの返信

    こんなハッスルオヤジが大将やってるラーメン屋…流石に普通の客はドン引きですよな!でも、ちょっと行ってみたい…(笑)

    2016年12月15日 18:03

  • 第33話「モニュメント」へのコメント

    Gは頑張ってみていたんだが受け入れられなかった……。

    作者からの返信

    Gガンダムはですねー、自分も小さい頃は駄目でしたよ。なにが駄目って、ガンダム特有の「戦争の無残さや悲惨さ、悲哀と人間ドラマ」が全然違いますからね。ミリタリー感のあるガンダムやMSの、凄いロボ感が好きだった時期ですし。でも、大人になったら大好きになりました…理屈じゃなく、直感でゲラゲラ笑ったりエンエン泣いたりするガンダムでしたわ、これ。

    2016年12月15日 18:04

  • 第31話「頑張れいづる! 二人抱き合う…へのコメント

    >(いづる君、そんなに動かないで……その、っ!? や、やだ、そこ)

    ど、どこっ!? どこなの!? そこ、もっと詳しく!!www

    作者からの返信

    やだなあ、そこはそこ、アソコですよ…(本当にどこなんだろう)でも、うら若き乙女とロッカーにぎゅうぎゅう詰めというのは…激しく性癖を刺激されますね(笑)

    2016年12月15日 06:27

  • 第29話「玲奈の決断」へのコメント

    ガンガルwww……その会社には……家族……が……www

    作者からの返信

    なんと!ガンガルはもはや伝説ですよ…アッカムとかも凄い好き。昔はおおらかな時代でしたね。

    2016年12月15日 06:26

  • 第28話「オタク部屋に激震は疾る 」へのコメント

    地震が運命を変える……だと?(ワクテカ)

    作者からの返信

    この、露骨な伏線がクライマックスへの布石です…(笑)最近は地震が多いんだな、位に思っててもらえれば…そして程よく忘れてもらえれば嬉しいッス。最後に「ああ、そういえば!」なんて。

    2016年12月15日 06:25

  • 第22話「ニュータイプ、知ったかぶる」へのコメント

    >初めて作るガンプラというものに、日陽ヒヨウいづるは自然と緊張に身体が硬い。

     「緊張し」かな?

    作者からの返信

    はいはーい、毎度ありがとうです!直しておきまーす♪

    2016年12月15日 06:24

  • 第21話「黄金の朝」へのコメント

    >汗タジタジ

     タジタジは意味が定義されてしまっているので、ちょっと変かなと……。
     ジタジタならまだしも。

    作者からの返信

    了解ですー、サクッと直しておきますね♪

    2016年12月15日 06:23

  • 第17話「ガンダムたち、星の海へ」へのコメント

    楽しそうだ……。

    作者からの返信

    自分はガンダムブレイカーやVSシリーズ等、ガンダムを操縦するゲームは凄い苦手なんですよね。なので、やったことがないから作中のゲームシーンはでっちあげです(笑)本当に楽しそうですよね、そういう雰囲気が伝わったら嬉しいです。楽しそう…富尾先輩、本当に楽しそう…

    2016年12月14日 08:32

  • 第14話「阿室・パワー」へのコメント

    このノリwww

  • 第13話「ガンダム、みるよ!」へのコメント

    泣けるラインで来たな……またできるようになったな、阿室っ!

    作者からの返信

    終始、残りの話数ずっとこの調子です(笑)それがわかるんだよっ、阿室っ!少し今の仕事が一区切り着いたら、ガノタもまた続きを書かなきゃなあ。

    2016年12月13日 18:06

  • 第11話「うたた寝は落日に染まった」へのコメント

    ユニコーンwww
    あれにはそんな機能が(笑)

    作者からの返信

    そうです、阿室玲奈ちゃんのアホ毛、あのVの字アホ毛は…寝てる時は閉じるんです。他にも、元気がない時やグッタリしてる時は閉じてますね。勿論、ユニコーンを意識したものです。でも、おめざめのタイマーの音楽がユニコーンって…無駄に壮大だなあ(笑)

    2016年12月13日 18:07

  • 第12話「ガノタを継ぐ者」へのコメント

    イデオン喫茶すげえ忙しそう。客が押し寄せてくるのを必死こいてさばいてそう

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!そうですね、イデオン喫茶って楽しそう…イデオン特有のギスギス感とか、全体に漂うデスマーチな雰囲気…あ、あれ?ちょっと怖いぞ(笑)

    2016年12月13日 18:08

  • 第8話「携帯は希望の星だ」へのコメント

    ミノフスキー粒子濃度は重要ですよね

    作者からの返信

    そうですよね、ミノフスキー粒子…通称「ミノ粉」はとても大事なアイテムです。ガンダムをガンダム足らしめた設定理論ですし、いわゆる「作中にリアリティを添えるための秀逸な嘘」ですからね。一度そうなんだと押し通せば、全てがその論理の元に正当化される、そんな設定だと思います。ミノフスキー粒子の濃度は大事…ミノ粉が薄いとミサイルの撃ち合いになっちゃいそうだし。

    2016年12月11日 15:09

  • 第6話「鮮烈! 修羅場かい?」へのコメント

    わかるように説明しろや!感

    作者からの返信

    まあ、現実ではあまり見かけませんが、ネットではよく難しい話をしてると「わかりやすくガンダムで例えて」って声を時々見ますね(笑)ガンダム脳…絶世の美少女にして文武両道の万能御嬢様、阿室玲奈は…ガンダム脳(笑)

    2016年12月10日 08:06

  • 第5話「友情と恋とガンダム」へのコメント

    当時はシャア×ガルマがメインだったみたいですね

    作者からの返信

    昔から一定の層がいたんですよね…腐女子さん。昔はモラルやマナーもよかった、みたいな話を聞きますが、節度さえ守ってもらえればホモでも男色でもゲイでも、ガンガンやって欲しいですね(笑)そうそう、シャア✕ガルマ、他のアニメではゴッドマーズが凄く腐女子ファン多かったそうですね。

    2016年12月10日 08:05

  • 第2話「始動! 普通のお友達」へのコメント

    これ書いてて楽しいだろうなあってのが伝わってきます。

    ショウコちゃんがボトムズだけ詳しくてむせる

    作者からの返信

    読んでいただけて嬉しいです、ありがとうございます!ボトムズのネタは、昔から2chにある古いコピペが元ネタですね。因みにガンダムやエヴァ、ギアスやマクロスとの認知度の正確なたとえではありません(笑)翔子は普段おっとりしてるのに、時々ズガガガガ!と喋るヘンテコなかわいさがありますね~

    2016年12月10日 08:04

  • 第8話「携帯は希望の星だ」へのコメント

    件名のメール……いい!(笑)

    作者からの返信

    全然使いこなせてねーじゃん!という…
    阿室玲奈さんはパーフェクト美少女ですが、機械音痴です(笑)
    なんか自分、完璧な才女だけどチョイ抜けてる子、好きみたいですね。

    2016年12月9日 20:58

  • 第6話「鮮烈! 修羅場かい?」へのコメント

    会話が高等過ぎる(笑)

    作者からの返信

    読んでいただいてありがとうございます!
    多分、ガノタ以外ポカーンだと思います…
    でも、でもっ!つい書いてしまった!
    ながやんがガノタの名前でなにがおかしい、俺はガノタだよー!(笑)

    2016年12月9日 20:57