鏖都アギュギテムの紅昏

作者 バール

21

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

じゃんけんで人が死ぬ。
ギャグと思って読んだ人間は、想像を絶する程のドシリアス展開に瞠目せざるをえないだろう。
各々の人物にドラマがあり、全ての試合に手に血汗握り白熱して溶解するほどの極限の闘いがある。(一回戦第七典礼『因果神智/彷徨セル秩序』は除くッ!)
悲劇に悲劇を重ねるような世界で行われる罪人たちによる異次元の戦いは東西古今の武術作品にも稀である。
バトル・アクション・武術好きにはたまらない物語。
損はしないから読んでみてくれ!

★★★ Excellent!!!

あらすじを見たとき、真っ先に目に入る一文。
普通はこれを見た瞬間思うであろう。あ、これギャグだと。
――その先入観は間違っている。
この話はシリアスである。誰もがじゃんけんという「即死技」を持った上で行われる、いかにそれを回避する/通すかという駆け引きを前提とした殺し合いである。
修羅たちの織りなすダークファンタジー、これは一読の価値がある。