プロットの成長を見守ろうプロジェクト

作者 伏見沙織

24

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ひとつのプロットでさまざまなストーリーが出来上がってくるのはすごく面白いですね。
 今までの全作読ませて頂きましたが、ここまで全く違うお話が出来上がるとは!
 参加者として書きながら、おんなじような話を書いている人がいるんじゃないかと危惧しましたが、杞憂でした。バラエティーにとんだ素晴らしい作品群を書き上げられた作者様、また企画者様、ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

プロットというものがあるということを知ったのは、笠井潔の評論でだったと思います。
そこでは、ストーリーとの比較によってプロットを説明していました。
ストーリーとは、物事を時系列にそって語っていくこと。
プロットとは、時系列を無視して表現したいことを主軸にして語る順番を再構築すること。
わたしたちの意識はそもそも時系列に物事を認識していくのだから、プロットをたてるというのはわたしたちの自然的な意識に対して何がしかの亀裂をいれることのように思っていました。
極端な例をあげれば、バロウズのカットアップ・フォールドインはストーリーに対して文法レベルまで戦略的な組み換えを行い、自然的意識に深い炸裂をいれてそこから遠い地平への逸脱を目指すということになるかと思います。だからそれもまた、プロットという戦略のひとつのありた方だと思えるのです。

時系列=ストーリーという現実から、いかに逸脱し表現を行うかということに、小説というものの本質が潜んでいるのではないかと思うこともあります。
プロットを固定するというのは、逸脱する方向を封じることによってさらに何を語ることができるのかと問われているように思いました。
ここに、語ることの本質への問いかけがあると思います。

★★★ Excellent!!!

これまで様々な経緯がありましたが、企画を発案し、運営された伏見さんの能力や努力にはほんとうに驚きました。参加して楽しかったし、他の方の作品を読んで回るのを楽しかった。交流があるって、あったかくていいなぁとおもいました。

いろいろな困難や葛藤があったかと思いますが、ここまでやりきった伏見さんは本当にすごいと思います。感謝の気持ちを込めて。

★★ Very Good!!


こんな所であとがきするものなのかな?

プロットを見る限り、ホラーの方がピンと来ていましたので、この様な展開に。書いてる中で、似てるなーと思ったのは、フリーゲーム「魔女の家」です。

オチに関しては、騙そうとか、意外性を持たせたりは狙っていました。でも、伏線と言う名のヒントをばらまくのは、自分の癖だったり。

人のプロットから物語をつくる。とても良い刺激になりました。

また第二弾があれば参加したいとおもっております。

★★★ Excellent!!!

レビューのPVが増えまくってたら、それ私です。

何度も読み返してます。
とりあえず、書いてよかったなというのが、印象です。

練習のために書きましたが…小説って難しいものですね…
地の文が書けず、苦しんでます。

そして、謝罪申し上げます。
ルールをよく見ずに考えたので…あとから、あれ?
ルールブレイカーしてるなと…。
申し訳御座いません。これから、上げる方にも謝ります。

一応、連載できるよう考えた感じですが、細かいの考えてないのが……正直なところです。

おとぎちゃんのセリフに、意味深な部分を残して…。

連載は……多分しないかなと……。
最終回的なものは考えつきましたが……重たい話を書くのが好きじゃない……