絶対好感度指数スキキライ

作者 本田セカイ

285

108人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

カクヨムの書籍化紹介ページが目に付いて、何気なく読んでみた。

ハーレム系ラブコメはあまり好きじゃないのに、設定が気になってチラ見するつもりで読んでみた。

・・・見事にはまった。
なにこれ、面白い!
パロディや下ネタもさることながら、キャラ同士の掛け合いが良い!

主人公も、好感度指数が見えるっていう不思議な能力に頼りすぎることなく、自然に話が進んでいく。
やれやれ系主人公が苦手な人にもおすすめ!

Good!

作品の方向性としては「俺がいる」に近く、キャラ設定は「化物語」と「俺がいる」のミックスです。
掛け合いや地の文なども上記2作品に多大な影響を受けていることが感じ取れます。

オリジナルとオマージュの中間辺りに位置しているので、そういった面を気にしないのであれば楽しめるでしょう。

好感度が見える系の作品は今までにも数多く登場していますし、書籍化もされていますが、ノリとテンションのハーレム物が多数でした。
その点、本作は「化物語」や「俺がいる」に通じる主人公のニヒルさが踏襲されているため、読んでいてクドさは感じないでしょう。

書籍化に関しては問題があるような気がしますが、角川ブックスにガガガなので了承はとてあるのだと思います。

望むなら、作者の方の独自の語り口は切り口を見せてもらいたいです。

★★★ Excellent!!!

果たして主人公はクズなのか クズじゃないのか。
人間のゴチャゴチャしたクソみたいな感情が、こうも文章になって脳内にのしかかってくるとは······

回を追うごとに面白みが増す、狂ったラブコメ。

あと、ヒロインの重い愛と、毒舌がたまらなく好きです。

書籍になって書店に並ぶのが楽しみで仕方ないです。

★★★ Excellent!!!

好感度が見られる設定が吹き飛ぶほどに、人の想いと想いの摩擦に唾を飲み込まれてしまう。

青春と書いてしまうと、甘酸っぱさと簡単に片付けられそうですが、でも本当はこういうことですよね。悩んで、苦しんで、人と接していく。
悩みながらも全力で。

ライクなのかラブなのか。
でも人の感情に晒されるのは本当にしんどいけど、誰もが全力で。

会話のウイットに騙されたら、ずるずふと深みにはまっていく。
この読者を巻き込む様がお見事でした。(少なくとも僕は)
みんなが幸せになって欲しいなぁ、と個人的に思います。

★★★ Excellent!!!

主人公の雅継は他人の好感度を見ることができる。
これがさも大したことのないかのように冒頭から口上を述べ立てるのであるが、その前振り自体がかなり面白い。
「全く赤の他人なのになぜか異様に好感度が低い」相手は絡むと理不尽な危機に見舞われそうだ、などという説明からは、物語の始まる予感しかしない。

あくまでも説明のための例かと思いきや実際そういう人物がクラスにいて、問題はその人と同じ苗字の転校生が現れて、なぜか理不尽にも好感度120%だったりした場合である――。
好感度といえば『ときめきメモリアル』以来の恋愛シミュレーションにおける必須パラメータとも言えるが、むしろ本作はそれに翻弄されてしまう物語だ。

本当は周りの人間みんなが恋愛の関係者というわけではないのに、むしろこの能力があるばかりに、その磁場から逃れられなくなってしまう。
たとえば異性と友情を育むことはできるのか、という古い問題がここでも問われる。
高い好感度。それはLIKEなのかLOVEなのか。
むしろ雅継は、そんな問いの強制から逃れようとしているのである。

(寒い冬を暖める? 恋愛系3選/文=村上裕一)