クリスマスがやってくる

作者 大澤めぐみ

61

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なぜかアーサー・C・クラークの「星」を思い出しました。
しかし、宇宙船はおろかSFギミックは何一つ出てこないけど、いきなり最後になって読者の想像力が起動する。
わかる人にはわかるし、わからない人にはわからない。
精緻な描写が続いて、押さえに押さえて、読者の創造力を喚起する。
登場人物たちの枯れた会話の中にほの見える深い信頼もよく書けている。すごい技量だと思いました。
ピックアップでたまたま目にした作品ですが、作者様のほかの作品も読んでみたいと思いました。