クリスマスがやってくる

作者 大澤めぐみ

73

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

クリスマスになにか恨みでもあるのかしら?
でも子どもの頃に思っていた漠然としたでも絶対的な恐怖みたいなことを思い出しました。
どこかの神様が生まれた(らしい)聖なる日は何か大いなるものを清算する日のようで。終わりと始まり、静寂と混沌、戦争と平和。どこかで誰かが辻褄を合わせてるからこの世は成り立ってんだってどこかで解ってるけど見て見ぬふりしてるみたいな。んーだんだん何言ってんだかわかんなくなってきた。

外の寒さと部屋の暖かさ。
街の喧騒とふたりの静寂。
コントラストの妙技は好き。

各位、メリークリスマス

★★★ Excellent!!!

なぜかアーサー・C・クラークの「星」を思い出しました。
しかし、宇宙船はおろかSFギミックは何一つ出てこないけど、いきなり最後になって読者の想像力が起動する。
わかる人にはわかるし、わからない人にはわからない。
精緻な描写が続いて、押さえに押さえて、読者の創造力を喚起する。
登場人物たちの枯れた会話の中にほの見える深い信頼もよく書けている。すごい技量だと思いました。
ピックアップでたまたま目にした作品ですが、作者様のほかの作品も読んでみたいと思いました。