東京ニャクザ興亡録

作者 既読

255

97人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

面白さはタイトルですぐにわかると思います!

そしてストーリーも、完全に本気の東映任侠やVシネを見ているようでけっこう本気です。各エピソードの読後には哀愁ただよう重厚感のある読みごたえが……。

ネーミングセンスも絶妙で、モブ猫すら良い。雰囲気で押しきっているわけではなく、構成が本気なところに猫の良さが相乗効果で乗ってます。

良い作品に出会えたにゃあと。
思いました。

★★★ Excellent!!!

「肉球が夜のアスファルトを踏む足音・・・」出だしからしてヤラれます(*´з`)~♪
にゃんこ&任侠ハードボイルドのコラボとは。。この、オリジナリティあふれる、素晴らしい世界観!!!!
ハードボイルドでカッコいい文章に、にゃんこがカラむと、もう、どうにもクスクス微笑んでしまいますね( *´艸`)
あぁ~久しぶりに★★★★付けたいニャン=^..^=★★★★
通勤電車の中で、少しづつ読めたら、幸せな気分になれそう~♪
その前に、仕事に就かなきゃな。。
Thanks for giving me happiness!! Love Yakuza cat's!!!!=^..^=!!!!

★★★ Excellent!!!

中身はれっきとした任侠物で
サクサク死人(死猫?)が出るのに
ネコを主人公にすることで
どこか面白おかしく読めるようにしてしまった
発想はすごい。お勧めです。

随所に出てくる「デデーン(効果音)」は
死の重さを和らげる一種の中和剤という
ナイスアイディア。

★★★ Excellent!!!

肉球が夜のアスファルトを踏む音がした。

冒頭のこの一文から「え?肉球が夜のアスファルトを踏む音ってなに?音するの?なんでそんな当然みんな肉球が夜のアスファルトを踏む音を知ってる前提なの???」みたいな疑問が浮かびますが、どれだけ読み進めても疑問は解消されないどころか次から次と疑問ばかりが浮かびますでもOK!

細けえことはいいんだよニャクザの世界は、殺るか、殺られるかじゃけん。

★★★ Excellent!!!

ねこたちのやくざ組織が本当にあるならば見てみたい、そんな風に思わされる。
様々なねこたちの思惑が入り乱れる物語。はたしてニャクザたちに安楽の時は訪れるのだろうか。

ねこたちが本当に二本足で歩いているように僕には思わされるくらい、本当にいきいきと描かれています。たのしい。

★★★ Excellent!!!

「この手があったか」と思わず膝を打たされた、斬新でもありどこか懐かしくもあるネコ極道小説。内容は掛け値なしのバイオレンス・アクションでありながらどこかユーモラスな空気が漂うのはやはり猫という動物が纏う特有の魔力故か。自分は「じゃりン子チエ」を連想したが、読者の数だけ猫ヤクザのイメージがありそうである。