殺す。解体す。掃除する。

作者 和田駄々

172

61人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

殺人の後片付けをする『掃除屋』が高校生として生活する日常をさも当たり前の様に描いている。残酷な非日常である筈なのに、淡々とした口調で主人公が話を進める、という事が理由なのでしょうか?
非日常なのに日常、というアンバランスさがこの作品の魅力だと思ってます。また、主人公の大志が成長していく様も魅力的でした!父親との関係も何だか他人の様で他人ではない、とまたまたアンバランスで不安定!素晴らしい!
キャラクター達はとても魅力的で更に個性的!
三木の独りよがりで人を人として見ず、王様の様に堂々としているのが大好きです!吐きそう!(褒めてます)
この様な作品がまた読めたら嬉しいです。読みたい......。

★★★ Excellent!!!

ふとタイトルが目に留まって一話目を読んでみた。
油断していたら、そのまま一気に最後まで引き摺り込まれた。

内容はとてつもなく重くて非道い話なのに、淡々とした文体と
妙に愛着の湧くキャラクター達のせいで、それが「普通」に思えてしまう。

それが、また、怖い。

★★ Very Good!!

まず、タイトルが素晴らしい。目に飛び込んできた瞬間に読まなくてはと思いました。一方でこの作品を公式でレビューしていいのか……とも迷いました。でもやっぱり紹介したいので、レビューを書いています。最初に申し上げますが、「残酷描写有り」「暴力描写有り」のレイティングがついておりますので、くれぐれもご注意ください。

シリアルキラーに呼び出されて、殺人現場のお掃除をする仕事を請け負う主人公と、彼を取り巻く人々を描く作品です。主人公の淡々とした性格が、読み進めるうちに癖になってきます。また第1話冒頭のお掃除シーンからのシリアルキラーとの会話という流れが、この作品を端的に表していて、ここでピンときた人は最後まで楽しめるのではないでしょうか。

作中、際立つ台詞が散見されるのも特徴ですが「やっぱりB型の血は肉に限るわね」という台詞にはしびれました。この台詞がどういう場面で出てきたのか……ぜひごみなさんに確かめていただきたいです。12話で一区切りがついていますが、これから先、どのように展開していくのか楽しみです。

★★★ Excellent!!!

 もともと自分が犯罪系の話に興味があるのも大きいけど、文章はシンプルで読みやすいし、普通に内容はグロイのに、嫌悪感なく読めてしまう。
 ぶっ飛んだ犯罪者たちの思考が読み取れて、面白い。
 続きが気になるお話です。

 追記:3/9

 話が進むごとにぶっとんでるキャラが増えてきて、さらに面白くなりそうです!