I'll have Sherbet!

作者 九曜

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 「カッコ悪くてもいいじゃない」と彼女は…へのコメント

    必殺、暗黒流れ星に噴いちゃいました。

    作者からの返信

    もとネタまでわかって笑ってもらえたなら嬉しいです。

    2018年6月19日 19:41

  • 3.「昔の話をしましょうか」へのコメント

    個人的に宝龍さんと付き合ってほしい…

    作者からの返信

    宝龍さんの相手は並大抵の男じゃつとまらないと思いますけどね(笑

    2018年6月19日 19:40

  • ハロウィンSS Vr.2017へのコメント

    一刻も早く更新お願いします!!!

    作者からの返信

    うーん、基本的にはもう終わっていますので。
    書きたくなったら何か書こうかな、くらいの気持ちで、連載中のままにしているだけなんです。
    あまり期待はしないでください。

    2018年5月30日 10:17

  • 3.「君か、僕か」へのコメント

    書き方上手すぎ…

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    2018年5月30日 10:15

  • ハロウィンSS Vr.2017へのコメント

    初めまして、毎日寝る間も惜しんで読ませて頂きました。
    登場人物の心情が手に取る様にわかる、とても面白い小説でした。
    とても続きが気になります。
    これからも応援しています。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    よく読み手の皆様には、登場人物の心の動きについて褒めていただきます。……書いたわたしとしては、そこが作品の長所だという自覚はないんですけどね(笑

    これからもよろしくお願いいたします。

    2018年5月14日 21:24

  • ハロウィンSS Vr.2017へのコメント

    ここまでさらさらと読めてしまいました!
    とっても面白かったです。

    短編はもう書かれないのですか?
    もし、書かれるのなら、完結後のお話ー例えば、佐伯さんのお母さんの実家の話の続きや、喫茶店を開いてからのお話、そして結婚後などーを書いていただきたいです!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    今のところ、気合いの入った短編を書く予定はないです。それよりも書籍版が進行中の『Simple Life』や、中途半端になったままのほかの作品に注力したいかな。
    もし書くとしたら、バレンタインやクリスマスといったイベントがらみのものでしょうね。

    2018年4月5日 22:53

  •  挿話 「   」と彼は言ってしまった…へのコメント

    ゆーみさん可愛いかったです!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    まぁ、引っ掻き回すだけの妹ですけどね(笑

    2017年12月31日 22:16

  • 4.「約束します」へのコメント

    佐伯さんすごいかわいいっ!w
    いつも楽しませてもらってます^_^

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ある意味、佐伯さんがかわいいだけの作品とも言えます(ぉ

    2017年12月31日 22:17

  • 3.「君か、僕か」へのコメント

    なるほど!
    この前の回は伏線だった。みたいな感じですかね。

    この書き方、本当に心が惹かれます。

    作者からの返信

    お褒めいただき、ありがとうございます。
    入れ子構造をもう一回くらい繰り返すと、もっと面白かったかなと思いますね。

    2017年12月31日 22:16

  •  挿話 「君と知り合えてよかったとは思…へのコメント

    すごい、やっぱり最高です!
    今日小説買いに行きました!

    応援してます!

    個人的な意見ですけどアニメ化したら
    本当に嬉しいです^_^

    作者からの返信

    気に入っていただき、ありがとうございます。
    書籍版もそこそこ順調で、春先には4巻が出る予定ですので、引き続き応援していただけたら嬉しいです。

    アニメ化については何も言わずにおきます。
    過ぎた夢について語るのは恥ずかしいので。

    2017年12月19日 22:28

  • 3.「昔の話をしましょうか」へのコメント

    凄く良いです!
    もう、僕の趣味のど真ん中を射抜いちゃってます!w

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    さらに改稿して新規の話も追加した書籍版もありますので、気が向いたらどうぞー。

    2017年12月1日 20:49

  • その1へのコメント

    次も期待っ!ありがたや…

    作者からの返信

    ありがたいと思ってもらえて、こちらもありがたいです。
    さてさて、期待に応えられたでしょうか。

    2017年11月2日 00:07

  • その1へのコメント

    『その1』ということは『その2』もあるということですね?
    ありがとうございます!ありがとうございます!

    作者からの返信

    もう見てるかと思いますが――ええ、あります。
    ただ、その2までしかありませんでしたけどね。

    2017年11月2日 00:06

  • 6.「親にはずいぶんと迷惑をかけました…へのコメント

    書きたくなったので書きます。なろう系のサイトでかなり珍しくオトコ向け恋愛日常系の長編。とても気に入って読んでいます。これからも頑張って下さい!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    気に入っていただけて、とても嬉しいです。

    最近は右を見ても左を見ても異世界ものばかりで、確かにこういう学園ラブコメは珍しいかもしれませんね。
    このジャンルを主戦場にしている身としては、寂しい限りです。

    2017年10月22日 19:26

  • 6.「僕も君のことが好きです」へのコメント

    遅ればせながら完結おめでとうございます。執筆お疲れさまでした。そして有難うございます。

    え?完結したんだよね?
    完結済ってなってないけど…。

    作者からの返信

    こちらこそ最後までおつき合いくださいり、ありがとうございました。

    そう言えば、完結マークを付けるのを忘れていますね。
    ええ、いちおうこれで終わっています。

    でも、またどこかでもうちょっとだけ続きを書くかも?

    2017年10月22日 19:23

  • 6.「僕も君のことが好きです」へのコメント

    佐伯さんの大学卒業までを読みたいです。

    作者からの返信

    高校3年間、丸ごとかけとおっしゃるか(笑 さすがにむりです。
    まぁ、機会があれば、もうちょっと書きたい気持ちはありますけどね。

    2017年10月22日 19:20

  • 6.「目覚ましが壊れました」へのコメント

    弓月君は大人ですね。よく理性が飛ばなかったと感心します。でも作品的にはこれで正解だと感じました。お見事。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    このあたりの鋼鉄の精神力が、弓月くんの弓月くんたる所以ですね(笑

    2017年8月25日 23:20

  • 6.「僕も君のことが好きです」へのコメント

    続きを楽しみにしています。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    でも、今のところ、これで終わりのつもりでいます。何か書くとしたら、書籍版の加筆修正でかな、と。

    2017年8月6日 23:51

  • 1.「おもしろくなってきたわ」と彼女は…へのコメント

    面白くなると思います。頑張ってください!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
     
    ……すみません、今さらの返信で。バタバタしていて見落としていたみたいです。

    2018年5月30日 10:19

  • 3.「昔の話をしましょうか」へのコメント

    ファミ通文庫の方で出てるこの本を買って初めて読みましたがとても面白いです!!
    ボクは、結構ライトノベルを読む方ですが久しぶりに当たりを買ったなって思えました!
    これからも頑張って下さい!!!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ライトノベルをたくさん読む方にそう言ってもらえると、とても嬉しいですね。
    いずれ2巻も出ますので、そのときはよろしくお願いします。

    2017年3月17日 11:33

  • 2.「覗きませんよ」と僕は言ったへのコメント

    これはいいラブコメw

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ま、王道的なラブコメですね。

    2017年3月5日 21:41

  • すべてのエピソード 21
  • 1.「おもしろくなってきたわ」と彼女は言った 1
  • 2.「覗きませんよ」と僕は言った 1
  • 3.「あ……」と僕らは言った
  • 1.「僕は優しい人間ではありません」
  • 2.「風邪、ですか?」
  • 3.「僕が彼女を振ったんです」
  • 4.「確かに僕はその名前ですよ」
  • 5.「今日は学食ですね」
  • 1.「そんなところに座らないでください」
  • 2.「わかる必要はありません」
  • 3.「僕はそういう人間です」
  • 4.「君に理解できなくても、」
  • 5.「君が知りたいのなら、」
  •  挿話 「   」と彼は言ってしまった(1)
  •  挿話 「   」と彼は言ってしまった(2)
  •  挿話 「   」と彼は言ってしまった(3) 1
  • 1.「僕は本屋で哲学書でも」
  • 2.「……してません」
  • 3.「昔の話をしましょうか」 3
  • 1.「君はいったい何を考えてるんですか」
  • 2.「いてもいいと思いますよ」
  • 3.「そろそろおしえてください」
  • 4.「身勝手な人だと思わないであげてください」
  • 1.「人聞きの悪いことを言わないでください」
  • 2.「詮索しないほうがいいこともあります」
  • 3.「ほかの誰でもなく」
  • 4.「悪い人ではないんですけどね」
  •  挿話 「君と知り合えてよかったとは思っています」と彼は言った 1
  •  挿話 「ずっと、気になってるんです」とわたしは言った
  • 1.「忘れるわけがないでしょう」
  • 2.「いったいどこの誰ですか?」
  • 3.「君か、僕か」 2
  • 4.「約束します」 1
  • 5.「君は時々鈍くなりますよね」
  • 1.「今から可能性をせばめるのは感心しませんね」
  • 2.「ここは無難に2番ですね」
  • 3.「喜んでもらえて何よりです」
  • 4.「責任!?」
  • 5.「いえ、彼と」
  • 6.「もう会えないわけじゃないんですから」
  • 7.「それは僕にとって普段は言えない言葉です」
  • 継章 「わたししか見えてないくせに」と彼女は言った
  • 「カッコ悪くてもいいじゃない」と彼女は言った(前編)
  • 「カッコ悪くてもいいじゃない」と彼女は言った(中編) 1
  • 「カッコ悪くてもいいじゃない」と彼女は言った(後編)
  • 「僕だって男ですから」と彼は言った
  • 1.「僕にとってはね」
  • 2.「……してませんよ、そんな顔」
  • 3.「今度、ゆっくり案内してください」
  • 4.「信頼を裏切るようなことはしていないつもりです」
  • 5.「君の話は続けたくない種類のものが多いんですよ」
  • 1.「自転車がなぜ倒れないか知っていますか?」
  • 2.「学園祭の準備のためですよ」
  • 3.「……ひとりで帰ってください」
  • 4.「そのはずだったんですけどね」
  • 5.「……しばらくコーヒー断ちだな」
  • 1.「それは本気で言ってるんですか?」
  • 2.「お手上げじゃないか……」
  • 3.「彼女に手を上げることは僕が許さない」
  • 4.「少し目が覚めた気がします」
  • 5.「それはこっちの台詞ですよ」
  • 6.「目覚ましが壊れました」 1
  • 1.「よかったら一緒に飲みませんか?」
  • 2.「僕は君のことが好きです」
  • 3.「今さらそんな心配はしてませんよ」
  • 4.「彼女とのことをどう思っていますか?」
  • 5.「僕が迂闊なばかりに」
  • 6.「親にはずいぶんと迷惑をかけましたからね」 1
  • 7.「自分が変なことくらい自覚しています」
  •  挿話 「きらいじゃないでしょ?」と友人は言った
  • 1.「父です」
  • 2.「……僕はもうここにはこない」
  • 3.「誤魔化そうとしても無駄なんでしょうね」
  • 4.「僕には関係のないことです」
  • 5.「近々解決すると思いますので」
  • 6.「もう取り返しのつかない、大きな間違いだ」
  • 継章 「これからもよろしくお願いします」と僕らは言った
  • 1.「今まで通りですよ」
  • 2.「相応しい挨拶があるでしょう」
  • 3.「君には着物は似合いませんね」
  • 1.「そのほうが君らしいです」
  • 2.「女の子ですか?」
  • 3.「……男です」
  • 4.「それ以前の問題です」
  • 1.「君は毎日楽しそうですね」
  • 2.「……すみません。失言でした」
  • 3.「すこぶるどうでもいいです」
  • 4.「それは悪いと思っていません」
  • 5.「一挙に解決するつもりです」
  • 6.「僕も君のことが好きです」 3
  • その1 2
  • その2
  • ハロウィンSS Vr.2017 3