勝手にゼロの使い魔 21巻  

作者 カゲヤマ

188

70人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まだ全部ではありませんが、昔読んだゼロ使そのままのキャラや世界観がそこにあって作者の原作への愛が伝わって来るようです。
またクォリティーの高い作品なので楽しみながら自然と次のエピソードを読んでしまうパワーのようなものも感じます。
端的に言って、素晴らしい作品です!

★★★ Excellent!!!

キャラ同士の思いやりすぎな感情とか、原作以上に苦しくて厳しい現実と、現実的な考え方と、感情の描写が吐きそうな程にリアルで、人生において学べるところしかありません!!
原作に負けず劣らずな高度なクオリティで腰抜けました。
ああああぁ……面白い!!!!!!!
永久保存したいくらい確信的に心にきます。
本になったらいくらでも買っちゃいます。
人生の糧として教科書として原作と一緒に読みふけりたいですね…

★★★ Excellent!!!

ゼロ使はアニメから入りましたが世界観やルイズにどんどん引き込まれて大ファンになりました。

原作が終了して寂しさもありましたが違う展開で物語が動いて行くのはとても楽しめます。
二次創作とおっしゃられていましたが、二次創作特有の主人公たちはこんな動きしないだろうという違和感はまったくなかったです。
あえてゆうならば少しだけ情報量が密集しすぎてるなと感じました

これからも応援しております

★★★ Excellent!!!

パラ読みではありましたが、読ませて頂きました。実は前々から気になってはいましたが、原作の方がまだ読み終っていなかった為、保留にしていましたがちょっとキッカケがあったので、思い切って読ませて頂きました。
原作の方、まだ読み終ってないけれども、それなりに読み込んでいるのとアニメはかなり繰り返して見ていたので、ちゃんと理解出来たかは定かでは無いですが、人物像も何となくではありますが出来て、逆に原作が終わってないからこそ、想像して読み込める内容だったと言えます。才人の心情。痛いほど伝わりました。これ程までに主人公をしている主人公を才人以外に感じた事はない。それを、この『勝手にゼロの使い魔』でも、期待していた以上に感じる事が出来ました。

★★★ Excellent!!!

ゼロの使い魔は本としては終わってしまいましたが、私、そしてあなた達、皆の夢の中で生き続けていってくれたらいいなと心より願っています。

そして夢の中の続きを描いてくれている方々に感謝を。

そんな夢の中の続きをみてみたい方におすすめの作品になっています。

★★★ Excellent!!!

「勝手に~」、21巻で終わるのかな?と思ったら、次巻があるのですね。
21巻はちょっと詰め込みすぎた感があって、読みづらい処も感じました。


本家「ゼロ魔」のことについて・・・
2006年のアニメ版を観て興味を持ち、原作小説も読むようになったのですが、
その頃私は「ライトノベル」という言葉にあまり良いイメージが無かった。

学生時代1980年代後半~90年代にかけて、ジュブナイルやヤングアダルト小説で
SF・冒険&アクションもの・架空戦記等を読み漁っていたのだが、
90年代から言われるようになった「ライトノベル」については、
どれもが、冴えない男の子の元に脈絡なく少女たちが寄ってきてハーレムを形成し、ラブコメを繰り広げるだけで、主人公は大した活躍もしないし、「最終的に何をした物語なのか?」かもよく分らない・・・そんなものばかり
といった印象だった。
全部の作品を読んだ上での評価では無いので、明らかに偏見んなですが(汗)

そんな中で読んでみた「ゼロの使い魔」は、私の「ラノベ」に対するマイナスイメージを払拭した。

一見ヘタレでおちゃらけながらも、熱血であり、ちゃんと苦悩し葛藤し、ボロボロに傷つきながらも大きな事を成し遂げる主人公。
物語として面白かった。

好きだったシーンは、一見ナンパな学生騎士と見えたギーシュが、本職の騎士団を相手にタンカを切るシーン。

それと、主人公・才人のノートPCに偶然に届いた母親のメール、その内容。
それを読んで涙する才人・・・読んでいて胸が詰まった。

★★★ Excellent!!!

自分が中学1年の頃に見たはじめての深夜アニメでした。このゼロの使い魔を見てからアニメが好きになり他の深夜アニメなどを今でもたくさん見ています。
初めて読んだラノベもゼロの使い魔でした。自分が他の深夜アニメの面白さを知るきっかけを作ってくれたアニメなのでこのアニメがとても好きです。

★★★ Excellent!!!

はじめて手に取った小説がゼロの使い魔でした。
当時小学生だった自分に多くのもを見せてくれた。
今の自分を形作っているのはまさにゼロの使い魔だと言っても過言ではないくらいです。
そんなゼロの使い魔の世界観・人物たちの姿が違和感なく表されていると感じました。
素晴らしい作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

ゼロの使い魔は私が初めて最後まで読みきったライトノベルシリーズでした。20巻まで読み、続きが気になりつつ過ごしていましたが本編は志瑞先生の代筆により2017年に無事完結しました。
カゲヤマ氏によるこの2次創作では細かな登場人物や出来事までを網羅し見事に描いています。正史(志瑞先生版)では触れられることのなかった気になるところまで読むことが出来るのでオススメです。
才人やルイズなど、それぞれの独自の言い回しなど違和感を感じずに楽しく読むことが出来ます。
ifストーリーとして非常に出来の良い作品となっているので是非お読み下さい。

★★★ Excellent!!!

私が初めて触れたライトノベルが「ゼロの使い魔」でした
たまたま同じクラスの友人が読んでいたものに興味を惹かれて借りて以来、思春期の多くを占めたライトノベルの原点がこの「ゼロの使い魔」から始まりました
残念ながらヤマグチノボル先生は完結を締めくくることが出来ませんでしたが、その後先生のプロットを元にほかの先生が完結させたこの作品がいかに多くの人に愛されてきたか今一度思い知らされます
15年という長い月日を経てなおこうして愛され続けるこの作品、筆者のように「こういう話もあったのではないか…?」と創意工夫を持って作られたこの2次創作作品には、あの頃ひたむきに1つの作品を追いかけていた情熱を思い起こされるような、大事な気持ちを思い出させていただきました
烈風のタバサの2次創作、楽しみに期待させていただきます

★★★ Excellent!!!

人それぞれにどのくらい好きなのかは異なると思います。その中で本当に自分の心に刺さる作品は希少だと思ってます。
私は本当にこの作品が好きです。ヤマグチ先生がお亡くなりになられた後、この小説の存在にどれだけ救われたかわかりません
ゼロの使い魔が好きなみなさんぜひ読んでみてください。
読みながらワクワクできました!

★★ Very Good!!

…となった方も多いのでは?というぐらいおススメの本作品。
少なくとも僕は長らく読んでなかった原作を引っ張りだしてきました(笑)
異世界召喚物としては傑作のゼロの使い魔の魅力を余すことろなく表現されていると思います。
「勝手に~22巻」の方はまだ未読なのですが、本作品を最期まで読めば続編も最期まで読みたくなりますので…ゼロの使い魔が好きな人は必読です!!

Good!

普段同人誌とか、二次創作とかは一切読んだりしないけど
この作品は面白かったので最後まで読むことが出来た。
今だとオリジナルで22巻まで発売され完結されているけれど
もし21巻以降が発売されないままだったのなら
この作品のストーリーでも良かったのではないかと思う
それくらい完成度は高い。
続きが気になる終わり方だったので22巻も読む予定。

★★ Very Good!!

ヤマグチノボル先生が好きでした。
作品は勿論、あとがきやブログなどから伺える先生の人柄が好きでした。
そして筆者も私同様に、ヤマグチノボル先生や『ゼロの使い魔』を愛してやまない人物です。
この作品は、まさしく「ヤマグチノボル愛、ゼロの使い魔愛」にあふれた愛の結晶のごとき作品です。
筆者のほとばしる愛、確かに受け取りました。

★★★ Excellent!!!

小学生の頃にゼロ使を読んで、魔法や異世界に興味を持ち、アニメや漫画にハマりました。
あの時の感動はもう味わえないと思っていました。
そんなある日のこと、カゲヤマ氏のこちらの作品を読ませていただきました。
最初はこの先どうなるのだろう?というワクワクがありました。が、最後に向かうにつれて、涙無しでは読めませんでした。
デルフリンガーとサイトのコンビが私は最高に大好きです。最高の相棒関係です。
二度と味わえないと思っていた感動に対する、私のこの感謝の気持ちを伝えたいです。
ありがとうございました。
長文失礼しました

Good!

ゼロの使い魔は今まで一度も見たことはありませんでしたが、勝手にゼロの使い魔は結構スルッと物語に入り込めてとても面白かったです。そして、作者さんがどれだけゼロの使い魔が好きかが原作を読んでいなくてもわかりました。一度原作を読んでからもう一度1話からみていきたいと思える良い作品でした。

★★★ Excellent!!!

失礼ながら最初は所詮二次創作だ、と思い読み出したが、読んでみるとどんどん続きが読みたくなってきました。
これはゼロの使い魔だ。と自分の中にスっと腑に落ちました。読み続けていくにつれてこの作品のルイズやサイトたちをさらに好きになっていき、一気に読み終わりました。
この作品を読んで特に感じたことは作品への愛でした。私自身もゼロの使い魔の、ヤマグチノボル先生のファンとしてこの小説を読み、とても感動しました。もっといろんな人に様々なことを伝えたいですが、まずはこの作品を読んでみてください!
ゼロの使い魔が好きな人は必ず読んだ方がいいです!
良い作品との巡り合わせありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

私が原作を読んだのは10年も前のこと。そして原作者が亡くなられたとき、私は「ゼロの使い魔」を私の中に封印しました。それこそ「聖域」であるかのように。

二次創作として使い魔が復活しようしている、という話は友人を通して知っていました。が「聖域」を汚したくないという自分勝手な考えが先行し手を伸ばすことが出来ずにいました。

しかし、カゲヤマ氏の作品を読んで感じた最初の感想は「ああ、使い魔だ」でした。今まで女々しくも持っていた「聖域」は崩れ、読みながら私は笑っていました(他人に見せられる顔ではなかったでしょうね、きっと)。
スピード感ある書き方、キャラクターの問答、複線の回収などなど全てが「ゼロの使い魔」でした。

良い作品は月日が経っても愛される。
原作を読み終えたら是非カゲヤマ氏の作品も読むべきです。使い魔のファンの一人としてそう思います。

★★ Very Good!!

自分の青春時代の塊であるゼロの使い魔を書いたと聞いた時に一番最初に思ったのは「ただの二次創作だろう」だった。
そしてタイトルと紹介を読んで「なんて奴だ!」と考えを変えた。そうして、「オレの青春時代を捧げたゼロ魔を穢してたら吊し上げしてやる!」とまで思って読み出した。
だが、読み出したらヤマグチノボル先生をひたすら意識した文体と書き方や登場人物達の描写の仕方にただひたすら脱帽した。
二次創作と言いながらも原作小説に迫る熱量で書かれたこの作品に出会えた事に感謝を。

ただ、出来れば設定に関しては原作準拠であると個人的には良かったと思うものの、そこは二次創作として読むとまた違った楽しみを見いだせると感じている。

★★★ Excellent!!!

原作を忠実に再現した素晴らしい文章はもちろんのこと、原作20巻までの回想を多く取り入れておりカゲヤマ氏が原作をよく理解していることが伺えました。
読むにつれて次の展開が気になってしまう文章の面白さによって再びゼロ使の世界に引き込まれました。

★★ Very Good!!

心血注いで書かれたと思われる、ゼロの使い魔の二次創作。

いや、二次創作と一言でくくるには惜しいほどに愛に溢れた作品です。

最初は長い感想にしようと思いましたがネタバレになるため、この作品をこれから読む方に対して伝えたいことを書きます。

..........

本作はとてつもなくゼロ使に対する思い入れが強いと分かる内容で、本家よりかはるかに1冊分の内容が濃厚(重い)です。

これは一方的な称賛というわけではなく、本家に比べて新しい展開の頻度、登場キャラクターの数が非常に多いために、読んでいて気を休める暇があまり無いとも言えます。

しかし、それがさほど気にならないほど興奮する“本家に書かれなかったシチュエーション”が盛り沢山なので、ゼロ使の世界観を存分に堪能できること請け合いです。

本作の良さを実感するためにも20巻までに出てきた設定を余すことなくおさえた上で読んでいただきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

「勝手に」と言いつつ、ちゃんとストーリーを読み解いていて、1~20までとの矛盾点も見つからない最高のクオリティ!
原作を読み、こちらを読み、また原作を読みたくなり、そしたら又こっちを読みたくなるという無限ループにハマりかけた。
原作に負けず劣らず面白く、ゼロの使い魔への深い愛を感じることの出来る作品。

端的に言って「これマジすこ」

★★★ Excellent!!!

……と思わせてくれるハイクオリティー。
多少の違和感や疑問点はあるが、他人が書いた既存の設定でここまで作れるのはゼロの使い魔好きには堪らない作品になっています。

ゼロの使い魔しか好きなラノベがない私がゾクゾクしたのだから、これも本家20巻の続きとして正解だと思います。

カゲヤマさんのゼロの使い魔愛が溢れているこの作品。
本家読破したら読むがいい!!

★★★ Excellent!!!

カゲヤマ先生の「ゼロの使い魔」を読まさして頂きました。ヤマグチノボル先生の描くキャラクター、文章の癖を忠実に再現されているため、イフストーリーとして、本を出せるのではないかと言うくらいしっかり書かれていました。文章の構成自体もちまちまとせず、流れに乗っているように感じたのでとても読みやすかったです!カゲヤマ先生のゼロ魔愛を感じさせられました。

★★★ Excellent!!!

私自身、約8年前に作者が亡くなった時、ゼロ使の続きが読めないと絶望した一人でした。長い時を経て22巻まで読んだ後、カクヨムでこの話を読みましたが、違和感なく内容が続いていてスラスラと読めました。まだ読んでいる途中なので続きが気になっているところです。これからも時間を見つけて読み進めていこうと思います。

★★★ Excellent!!!

志瑞佑先生がヤマグチノボル先生の遺されたプロットを基に書かれた21、22巻も最高に良かったけれどカゲヤマ先生の書かれたゼロの使い魔も面白くて、展開が異なる分、こんな続きもあったんだろうなって思えます。
カゲヤマ先生の「ゼロの使い魔」が面白い分、ヤマグチノボル先生ならどんな風に書いただろうかと読みたかったという気持ちに強く襲われました。
ヤマグチノボル先生、志瑞佑先生のゼロの使い魔を読んだ方ならこの物語を読んでみるのも十分にアリだと思います。作品への愛に溢れた物語でした。

Good!

全体的な登場人物の心情描写は、ゼロの使い魔そのもので、とてもいい完成度で仕上がっていると思いますが、兵器の描写全体で難点が残っている状況にあると思います。
例えば、ゼロ戦は一人乗りで、後部の無線機類を外した位置に人が乗ることで無理やり二人乗りにした等の設定が原作で残っているが、それもかなりギリギリなもので、ましてや三人乗りはほぼ不可能といった状況にある。
他の兵器の描写にも難点はあるが、気にしないのであれば、全然構わないと思います。(自分が細かすぎるだけかもしれません)

★★★ Excellent!!!

ヤマグチノボル大先生の“ゼロの使い魔”ではないけれど、
でも、これは確実にみんなが知る“ゼロの使い魔”だった!

ヤマグチノボル大先生やキャラへの敬意、何よりこの作品すべてに対しての愛を感じます。

最初の感想は「え?これ二次創作?」と、言ってしまうぐらい、文章全体の完成度が高かった…

感想は言い尽きませんが、とりあえず。

原作ファンならば読むべしッ!!!

★★★ Excellent!!!

ゼロの使い魔21巻、2016年発売
それは、前巻から余りにも長い時間を空けて発売された。
その間に、多くのファンに「ゼロの使い魔」を諦めさせるに足る出来事があった。

それでも諦めきれなかった人間が
敬愛を燃やして
心血を注いで
書き上げた作品が
面白くない訳が無い!!

最初は堅っ苦しい文章でレビュー書こうかと思ったがこの作品にそんなもん要らない!

御託は良いから読んでくれ!!!