第一八話「越谷中央高等学校の支配者(四)」

 それはまさに白い壁だった。

 見通しのよい校舎の屋上からだと、その様子がよくわかる。白妙が美しくもあり、そして空恐ろしくもある、どんな巨人でも乗り越えられそうにない壁。

 それがどの方向を見ても、威圧するようにそそり立っている。あたかも世界の終わりがそこにあるがごとく。

 いや。確かにそこに世界の終わりがあるのだ。

 ただし、越谷バトルフィールドという世界。

 それは、偽りの終わりを示す釈迦の指なのかもしれない。

 ニュースで聞いた情報では、推定三〇〇〇メートルの高度まで達しているらしい。おかげで夕暮れの空は、まるで丸く切り取られたように見える。はたまた、中にいる哀れな人質を閉じ込める、綴じ蓋のようだ。

 閉鎖された空間。だが、もっとも恐ろしいのは、そのこと自体ではない。


 その壁は、を拒絶するのだ。


 壁は、影を作らない。

 壁は、夕焼けなのに赤く焼けていない。

 その事実が示すのは、巨大な雲の塊が光を通しているということだ。

 光だけではない。風も、そして鳥などの生き物もその雲を抜けている。

 あたかもなにかの意志をもち、人の目にだけ映り、人のみを拒絶する雲の壁。

 そのような非常識な存在が、円周約三〇キロメートルに渡って走っている。二万キロを超えるの万里の長城にはまったくおよばないものの、その異常性をみれば双璧などこの世にない。


 しかも、異常性はそれだけではない。


 南北を走る東武伊勢崎線の列車に乗っていれば、なぜか越谷バトルフィールドの雲の壁を人間も通りぬけることができるのだ。

 否。正確には、雲の壁をぶち抜いて通りぬけるわけではない。線路の通る場所だけ、壁に穴が開いているのだろう。

 しかも、新越谷、越谷、北越谷といった各駅にも停車できるうえ、ホームに降りることもできる。さらに改札からならば、越谷バトルフィールドに入ることができるのだという。


 ただし、一度入ってしまうと囚われてしまう。


 ホーム側から見ればただの改札なのに、改札の外から見ればそこには雲がかかっている。つまり、クリア条件である一〇〇万ポイントを払わなければ、改札からホームへ入ることができないのだ。

 マニュアルによると、各駅の改札はゲートとよぶらしい。そして、ゲートは越谷バトルフィールドの唯一の出入り口なのだ。


 そしてそのゲートの周辺から一キロメートル範囲は、現在のところ「安全地帯」に設定されている。つまり、駅の近くはARCアークが入ってこないエリアということらしい。

 ただしそれも、「初期設定では」という注意書きがある。言い換えれば、いつまでも安息の地というわけではないということだろう。


(つまり、越谷から出ない限り、本当の安全はない……)


 流美は屋上を囲う金網に両手をつきながら身を支え、この世の物とは思えない遠景をジッと眺めていた。

 世界最大の滝は、落差が一〇〇〇メートル弱らしい。が、目の前の雲の滝は、その三倍もある。状況によっては絶景として楽しめたかもしれない。

 しかし現状では、巨人さえも捕らえようとする刑務所の塀にしかみえない。


(ここから……出ることができるの?)


 外の世界では、すでに内閣府が動き、内閣官房長官の指示により、元警視総監の【杉森内閣危機管理監】という人物が、内閣安全保障・危機管理室を動かしているという。しかし、状況がまだつかめないため、テロ、自然災害の両面から調査され、警察や自衛隊が動いててんやわんやとしているようだ。

 細かいことはわからないが、流美とて外が混乱していることだけは、手にとるようにわかる。こんなこと、誰にも予想できなかったはずだ。そして、この状況に打つ手など、すぐに見つかるわけがない。

 それに今、たとえこの壁を壊されても、流美は越谷から逃げることなどできはしないのだ。


(私……生きてる?)


 彼女は自分の右腕を握る。唯一、本当の肉体はその先の右手だけ。今、握られている右腕も、そして握っている左手も偽物だ。


(そう。偽物……)


 たるみのない鍛えた腕、ふっくらと形がいいと友達に褒められた胸、ひきしまった胴、スラリと伸びる脚……それらを触ったり動かしたりしながら、舐めるように見つめていく。

 いつもと同じにしかみえない身体。

 しかし、すべて偽物。

 もし、AROUSEアロウズをコントロールしているNOAHが停止したら、その刹那に手首以外は消えてしまうかもしれない。

 ポトッと落ちる手首……それを想像する。その時、自分はどうなっている?


(私……偽物……)


 心臓が木槌で叩かれたように衝撃が走る。

 その心臓も偽物。

 視界がクルクルと回りだす。

 その眼球も偽物。

 どうしてこうなった?

 そう考えている脳さえも偽物。

 その偽物が生む思考は本物なのか?

 この気持ちは本物なのか?


(怖い……)


 偽物の心臓が本物であると主張するように、バクバクと鼓動を威烈いれつに繰りかえし、偽物の血をたぎらせていく。

 ハァハァと呼吸が荒くなる。おびただしい汗が額に浮かんで、それが冷たくこめかみを撫でていく。

 それもまた偽物――。


(……だめ……怖い……よ……)


 自分は本当に【星野木ほしのき 流美るみ】という人間なのだろうか?

 いや、そもそも人間なのだろうか?

 どうすれば、「実感」を得ることができる?


(怖いの……)


 やはり自分は、とっくに死んでいるのだ。ならば、ここにいる自分はやはり仮初めの命。というより、もうすでに過去の自分と別物ではないか。右手以外が入れ替えられて、何をもって【星野木ほしのき 流美るみ】だといえるのか?

 何をもって、自分だというのか?


(わかんない……わかんないよ! わた……私、誰なの!? なんなの、私!?)


 流美の思考は、答えのないメビウスの輪を延々とたどり続けながら沈んでいく。

 同時に柵へ両手をつきながら、体も力尽きるように段々と沈みこんでいく。

 雲の向こうから届く残照を浴びながら、咽び泣く声が「あっ、あっ」と沈むたびにこぼれている。


(わからない……。わからない。わからない。わからないわからないわからないわからないわからないわから――)


 彼女はふと、自分の顔に両手で爪を立てる。

 もしかしたらこの顔は偽物で、むしりとったら本当の顔が出てくるのかもしれない。そうしたら、【星野木ほしのき 流美るみ】だと思っている自我がなくなって、本当の自分に戻るのかもしれない。だって、この体が【星野木ほしのき 流美るみ】の訳がないのだから。

 空が朱から藍色に落ちていく。もうすぐ夕日が沈むのだろう。それに合わせて顔の皮をむしりとってみようか。そうしたら、夕焼けに焼かれたような赤い顔で、解放されたと歓喜の笑みを見せるかもしれない。


「あ……あはは……」


 なにがおかしいのか、自分でもわからない。でも、痙攣するような笑いがこぼれる。

 馬鹿らしい。

 なにを考えているのだろう。

 まったくもって支離滅裂だ。

 そもそもなにを考えても無駄じゃないか。

 自分なんていないのだから。


 ああ。そうか。


 むしろ【星野木ほしのき 流美るみ】が残っているからいけないのかもしれない。この唯一残った右手を魔法で燃やし尽くしてしまえば、この世から完全に【星野木ほしのき 流美るみ】はいなくなり、自分はまったくの別人として存在できるのではないだろうか。


「そ……そっちのが簡単……はは……」


 流美はおもむろに立ちあがり、腰に手を当てた。

 そこについていたホルスターから棒状のAROアローを取りだす。

 これで魔法を問えなれば、右手のひとつぐらい簡単に消し飛ばせるだろう。その瞬間、【星野木ほしのき 流美るみ】はこの世から消える。


(――消える!? 私……消えるの!?)


 突然、AROアローがブルブルと振動しはじめる。

 いや、違う。それを持つ手が震えているのだ。それだけではない。脚が、そして体全体が激しく震えだす。自分の体を抱きしめるように抑えてもとまらない。また崩れてしまい、両膝立ちで動けなくなる。

 感じているのは、まちがいなく恐怖。


「いや……いや……いやよ……いやいやいやいやいやいやあああぁぁぁっ!!」


 頭を抱えて呻るような嘆きをもらす。


「流美さん!?」


 背後から聞こえた声にふりむく。

 すると、そこにはいつの間に近寄っていたのか、倫が薄闇の中に立っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

AROUSE《アロウズ》 〜バトルフィールド・オン・コシガヤ 〜 芳賀 概夢 @Guym

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

物欲にまみれたブログ「Guymがポチった!」を書きながら、ここ最近になって小説の物書き活動も復活。 昔ながらのライトノベルから、最近の物語系まで文体を変えて執筆中です。 過去にテクニカル系の本や小説…もっと見る

近況ノート

もっと見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!