AROUSE《アロウズ》 〜バトルフィールド・オン・コシガヤ 〜

作者 芳賀 概夢

36

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

主人公の倫は、徹頭徹尾「僕は脇役。ヒーローである親友を、脇で支える脇役でありたい」と切に願って行動している。
今はまだ活躍の場を与えられていない倫の剣スキル。(この世界では、剣より遠距離攻撃が重宝される。)
第三者には理解しがたい倫の精神性。
描写もあえて倫自身を主軸に置かずに抑え気味にされており(作者意図と思われる)、彼の同行が非常に気になる。

勝手についてきた民間人が口々に我儘を言い出したとき、倫が見せたあの行動。とても良かった。この方向性で、倫は、在りたいと願っているのが伝わってくる。

今後、必ず倫自身が表に立たされる局面が現れるはず…そのときどう動き、そのあとどう変わっていくのか。最終的に彼はどう在ろうとするのか。
心引かれる。

★★★ Excellent!!!

――

新作ゲームが現実を侵食し、人々が『プレイヤー』として認識される異常事態に。
殺されても蘇るという状況で、しかし現実感を伴う『死と痛み』の感覚と恐怖が彼らを戦闘に駆り立てます。
果たして何が起こっているのか?彼らは無事に日常に帰還できるのか?
続きが楽しみな一作です。

あ、現実の越谷はこんな人外魔境じゃありませんよ。
大した観光名所もないベッドタウンですが、お越しの際にはご安心を。