「ひともじ目にのあし踏んでさんかい目あなたへ綴るしろたへのゆり」が終わりました。PV、応援、レビューありがとうございました。ひとつひとつ大変嬉しく受け取りました。
一二三と紗の物語はひとまず閉幕です。いつかふたりのいちゃいちゃを書きたいですね。または全然別の世界線のふたりも良いかもしれません。
百合も短歌も深く、遥かなものですね。
つぎもまた、百合か短歌かその両方か、書ければと思います。