お久しぶりかもしれない、多分、久しぶり
ついでに小説の更新も久し振りと言われそうな頻度、そうでもない?わからない
自分的には一週間以上開けてしまうと申し訳なさで泣きたくなるけれど、よく考えたら二作同時に連載している上に一作新しく書いてるんですよね。しかも二作の内片方は割と短い間隔で更新してたのでもしかして自分は偉いのでは……?

と、自画自賛でもしないと逃がれられない現実に病みそうになるので許してください。書いて食ってけるなら喜んでやるんですけれど、まぁ実力だなんだって言われると大人しくレールを歩くしかないですよね

しかし湿気や低気圧の容赦無いスリップダメージに体はボロボロ、食生活や睡眠も執筆と言う甘い蜜の誘惑で満足にやらないのは不味いと思いつつやめられないとまらない、自制しないと早死にしそうです。しても困る事と言えば自分の作品の完結が見られないことくらいか、あとお気に入りの漫画の完結も見たい。贅沢だな

一話完結の話も書きたいのですが、如何せん連載物をあれよあれよと自分の欲のままに増やすと首が回らない手が足りない、そもそもスペック的にオーバーワーク?
しかし楽しいので良し

次に新しく出そうと思っている作品は異世界ファンタジー、転生ではないです
自分にとっては主人公に自分の内面的な要素の一部、綺麗な部分を詰めた夢小説の様なものです。何も知らなければただの異世界ファンタジー、知ってても異世界ファンタジーとして見てください、はい
どうにも影響され易い質なので、ヒロインの要素や物語の設定にそれらが溶かされていたりするんです。中学生かと言いたくなりますね
まぁとにかく、新しい作品も近々公開したいと思います。更新頻度は少し遅いかもしれませんがご容赦ください、僕も人間ですので

では今回はここまで、あまり人にこういうどうでもいい話をつらつらしないので、最早ブログか日記の様ですがそんなものでしょう
面白いことは書けませんが、たまには書き綴るのも楽しいということで

では、今後も出雲蓬とその作品達をどうかよろしくお願いします
Twitterのフォローも、気が向いたらしてやってください、僕が喜ぶだけですが
今後輪が広がっていったらいいなと思いながら、また今度