本日お昼ごろまでに掌編と短編を新たに4作投稿します。
過去作の改稿版ですね。


掌編(ホラー)『翳あるいは重なるもの』
・キャッチコピー
 忘れなければいけないもの
・紹介文
 掃除中に見つけたフラッシュメモリには、怪奇譚収集を趣味としていた過去の自分の記録が残っていた。しかし、そこには記憶にないテキストが残されていて……


掌編(リドル)『子殺し』
・キャッチコピー
 「私」と「一人目の被害者」の正体は――?
・紹介文
 夏になると第二の殺人以降、「私」は少女を殺す。 「私」と「一人目の被害者」の正体はテキストの中に既に提示されている。


掌編(ゲームブック風)『リョウシン』
・キャッチコピー
 物語は読者の選択で変わる
・紹介文
 全ての始まりは私のリョウシンだった。 2つの選択肢のどちらを選ぶかで結末が変わるホラー。


短編(SF)『SHIFT』
・キャッチコピー
 全てが今、シフトする。
・紹介文
 ――その目に映ったのは、時の逆行だった。 
 狂喜する少年、恐慌をきたす女、伝染する医者、推論する精神学者、世界を転換する生物学者、そして真実を追う記者。
 六人のエピソードは、次第に一つの答へと収斂する。
 人類に下された「審判」は世界にどんな変化をもたらすのか。今、見つめ直すべき人間の在り方とは。
 全てが今、シフトする。
 作者当時17歳の背伸びした作品。


毛色の違うものを揃えてみました。