ひょう疽になってしまいました、それも利き手の人差し指が。

 実は私、この手の症状って持病みたいなもので、小さい頃から溶連菌さんとは付かず離れずといった関係なんです。そして今回、20年ぶりのひょう疽です。
 キーボートを打つのは問題ないんです。なにしろブラインドタッチなんてことはやってませんし。でもね、ちょっとしたこと、例えば家事とかPCのリセットボタンを押すとか、マウスの操作とか、そういうところで非利き手を使わなきゃなので、微妙なストレスになります。こういう小さなことが積もり積もって、執筆作品にも微妙な影響が出るんですよね。

 拙作連載中の「よもぎ☆スピリッツ」なんですが、毎週土曜の深夜から日曜の未明にかけて公開しています。しかし今回はこの指のおかげで推敲に難儀しました。なんとなく色々と気になって集中できないというか。それでもなんとか形にできたのでひっそりと公開することができました。

 「よもぎ☆スピリッツ」はラスト2話ほどを残してほぼ全話書き上げております。推敲もしてあります。しかし、それでも公開直前に目を通すと気になる部分が出てくるんです。ですので、毎回公開後の日曜日に次回の分をもう一度読み直して公開までの一週間で修正を行なっています。この作業は結構集中力を要するもので、包帯の具合とか、蒸れて痒みが出たり、なんてことが続くと、どうにもこうにも集中できないのです。
 それならば回復するまでお休みすればよいだろう、と言われてしまいそうですが、お読みくださっている方のためにも、ここは頑張りたいかなと考えてます。だからと言って完成度が低いまま出すこともできませんので、次回以降は症状の様子を見ながら、うまくバランスを取りながら進めようと考えている次第です。