十月いっぱいでなくなってしまう……
そこで初めて見ず知らずの方から感想を貰ったこと。
今でもやり取りをしてくださっている方がいらっしゃったこと。
自身を失ったりした時励ましてもらったりアドバイスを貰っていました。

小説に関係のない雑談で大盛り上がりしたり。
絶対小説家になれますと言った方が五人もデビューしたり。
そんな方々と交流を与えてくれた場所が無くなる……

作品を更新できなかったことは申し訳なかったのですが、それでも掲示板でのやり取りが楽しかったのに……。

あの場所が無くなったらあとはどこで交流を取れと言うのでしょうか……
(いや、巨大掲示板ではないのですからその不満は的外れなんですが)
だからこそのツイッターなんでしょうね……

過疎化の影響で、小学校も高校も専門学校も卒業した参考が廃校になり、今また、人生で新しい一歩を踏み出させてくださったサイトもなくなる……

年を取ったってことですねぇ。
それでもまだ夢は諦められていないんですよねぇ。

今、キャラクターと舞台は出来たものの、ストーリーが上滑りばかりしていて設定作りに悪戦苦闘していますが。
次の公募に向けて地道に頑張ろうと思います。