おはようございます、タカテンです。
読んでくれた皆さんから『漫画で見たい』とよく言われる『書道とは死ぬことと見つけたり(仮)』 https://kakuyomu.jp/works/1177354054887834468ですが、その第一歩として主人公・毅山のファンアートをいただきました!
描いてくれたのは僕の母ですwww
ただいま、ツイッターで大好評公開中!

>中梨涼様
レビューありがとうございます!
そうです、こんなタイトルとキャッチコピーですが存外に緩い世界ですよねw でも、一度死んだ書道家がネクロマンサー書道によってゾンビとなって復活するという展開も書いてみたかったなと今になって思いました(ぁ
なんでもありなこの小説だからこそ可能な荒技ですね。

ヒロインの流に関してはツイッターで別の方からも「外見の描写が足りない」と言われたのですが、確かに見てみれば「お尻が大きい」としか書いてなかったですねw まぁ、それだけでも自分的には十分魅力的なのですが反省材料です。

>頑子様
レビューありがとうございます!
そ、そうか、書道以外にも常に死を意識しなければならないものがそんなにもあったのか!w
あ、でも、料理とゴルフはアレのことだなと見当がつくwww
まぁそういう過去の名作たちがあってこそ成り立つ作品であることは間違いありません。偉大なる作品たちに感謝です。
何を書し、何を残すのか。
I pray, pray to bring near the new day(唐突な哀戦士w


ではでは。